Ms. Yoheved Kaplinskyピアノマスタークラス

2016年11月22日(火)は、Ms. Yoheved Kaplinskyのピアノマスタークラスがありました。072.gif
a0267643_11110025.jpg

Ms. Yoheved Kaplinskyは通称ベータ先生と言われ、ジュリアード音楽院とアスペン音楽祭の先生です。教え方にとても定評のある先生なので、今回マスタークラスを受けれると聞いて、喜んで参加しました。Rayはリストエチュード10番を見て頂きました。

まずは一旦通して演奏。軽くお褒め頂いた後に、テンポについて、なぜそのテンポを選んだのか?というお話が始まりました。『004.gif特に早くなる最後のページをゆっくり弾いてみてください。』との事。ゆっくりと弾くと、先ほど演奏した時に聞こえなかった沢山の音がある事を指摘。『004.gif今度はその全ての音がクリアーに聞こえるテンポで、少しテンポを落として演奏してみてください。』で、演奏したら、あら!?とても綺麗に聞こえる。お客さんも先生も、もちろんRay自身も納得。速く激しい曲なので、ついつい出来るだけ速く、出来るだけ大きく弾きがちになってしまうけど、エキサイト感はそれでは出ない。『004.gif同じフレーズが2回出てきた時は、同じ弾き方をしない。話している時でも同じでしょう?』等々、どれもとても論理的にご指導くださいました。言っていることが、大変分かりやすく、とても充実した内容でした。049.gif

a0267643_11254558.jpg
面白いなっと思ったのは『004.gifお客さんに演奏者の限界を見せてはいけません。もっと何か出来るのはず!と期待を持たせる演奏をするべき。』だそうです。

最近は、特に大きな演奏の予定が入っていないので、ようやくゆっくりと家で落ち着いて練習が出来ています。新曲でショパンポロネーズファンタジー、メシアン(現代曲)、チャイコンの譜読みをしています。今のうちになるべく進められると良いな〜。035.gif

12月6日(火)午後6時〜Colburn Thayer Hallにでアカデミーオーケストラのコンサートがあります。そして12月10日(土)、午後5時〜Colburn Thayer Hallにてアカデミー室内楽フェステがあります。どちらでもRayはバイオリンを演奏予定です。もしも、お近くでお時間ありましたら、来てくださいますと嬉しいです。053.gif

さてさて頑張りまーす。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ


[PR]

by raypianoviolin | 2016-11-26 14:36 | Trackback | Comments(0)

パサデナシンフォニーとの共演

2016年11月5日(土)、午後2時からと8時からの2回、パサデナシンフォニーとガーシュインのラプソディ・イン・ブルーを共演しました。072.gif

木曜日、金曜日と2度のリハーサルがありました。リハーサルでは、ざっと一度通しで演奏して、オケとピアノとの繋がり部分を数回合わせ、どちらも30〜40分ほどで終了。

a0267643_16001937.jpg


そして土曜日。まずは午後2時からのコンサート1回目060.gif。1200人ほどの会場はフルハウスでした。とにかくノリノリのRay。とっても楽しく演奏していました。ありがたいことにスタンディングオベーション。アンコールで『リストエチュード10番アパッショナータ!」と大きな声で曲紹介をしてから演奏しました。

a0267643_16023800.jpeg

無事に1回目が終了。多少、お客さんとお話をして、早々に会場を後にしました。次は8時からのコンサートです。それまでの間、近くのホテルを取ってもらい、体力回復に努めました。食事も6時頃にとり、会場には7時半頃に入りました。

気を引き締め直して、2度目のコンサートです060.gif。ここでもフルハウス。そして全てを出し切った演奏でした。嬉しいことに、こちらでもスタンディングオベーションでした。そして、アンコール。リスト演奏後は、さすがに疲れきっていた様子でしたが、その後は見にきてくれたコルバーンのお友達と一緒に楽屋で楽しく過ごしていたようです。035.gif私達親は会場で、普通にコンサートを最後まで楽しみました。

a0267643_16161313.jpeg

今回は1日に2度のコンサートだったので、体力、気力を維持させるのに、とても勉強になりました。1回目の後は、なるべく静かに過ごしたいという事で、すぐにホテルへ向かいました。しかしホテルで休んでいても、ゆっくりし過ぎると、気力を戻すのが大変かもしれない?と思い、少し仮眠をとったら、食事をして、そこから2回目のコンサートに向けて、テンションを上げていくように心がけました。

2回目が終わった後はレセプションがあり、午後11時半くらいまで色々な方々とお話をさせて頂きました。レセプションではガーシュインの姪御さんとお話しさせて頂いたらしく、そのお方から『おじさんの曲をこんなに素敵に演奏してくれてありがとう!』と言っていただけ感無量。これで、長かった1日が全て終了です。

a0267643_16302244.jpg

来て下さったお友達、応援して下さった皆様!本当にありがとうございました!!!053.gif

そして、またいつもの日々が始まります。056.gif




どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ


[PR]

by raypianoviolin | 2016-11-08 03:54 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

老人ホームでピアノ演奏inアルタデナ

2016年11月2日(水)、今日はアルタデナの老人ホームにピアノを演奏しに行ってきました。072.gif

a0267643_11310563.jpg

これは11月5日にあるパサデナシンフォニーのプロモーションの一環です。パサデナシンフォニーの指揮者デヴィット・ロッキングトン氏が司会進行を務め、Rayがラプソディ・イン・ブルーのソロ部分を幾つか演奏して、今度のコンサートの概要を説明しました。あとは音楽を楽しんで頂く為に、Rayによるリストエチュード10番の演奏、そしてチェリストでもあるロッキングトン氏が、バッハ組曲からサラバンド、そして二人でサン=サーンスの白鳥を演奏しました。楽譜はipadです。006.gif

a0267643_11425452.jpg

老人ホームといえど、殆ど高級ホテルです。おじいちゃんやおばあちゃん達全員が、とても綺麗に着飾っていらっしゃっていて、今日という日を楽しみにして下さったご様子。コンサートにも多くの方々から『今週行きますからね。』と言って頂け、嬉しい限り。053.gif

その後は、ホームの方から、ぜひランチにとご招待頂き、ご馳走になりました。素晴らしいレストランが入っています。来客用なのでしょうか。メニューは結構こってりボリューム系でした。

そういえば、モデストでのコンサートでも地元の老人ホームの方々がバスで来てくださっていました。きっと日頃から交流があるのでしょう。納得です。

a0267643_12055373.jpg
さて明日、明後日はオケとのリハーサルです。035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ


[PR]

by raypianoviolin | 2016-11-03 12:17 | ピアノ | Trackback | Comments(0)