本番LACMAコンサート

今日11/29/2015(日)は、Los Angeles County Museum of Art (LACMA)の Bing TheaterにてRayのピアノコンサートがありました。072.gif

昨晩も、た~っぷりと睡眠時間を取り、朝からピアノ&バイオリンの練習をして、その後AC/DCのメタルを聴きながら、ご機嫌にお出かけの支度していました。035.gif

LACMAの会場に入ったのは午後4時。まずはサウンドチェックを兼ねたリハーサルをしました。
a0267643_15584688.jpg


ピアノは今回のイベントのスポンサーYAMAHAのCFXコンサートグランドでした。ステージには音響パネルが置かれていて、音が輝いて聴こえる、とても良い環境でした。

LACMAは美術館でもあるので、お客さんはとても沢山いました。でもコンサートにはお客さんが来て下さるのかな?と不安もありましたが、驚いたことに満席状態でした。056.gif

後にポッドキャストで流れるであろうナレーター付きで午後6時にコンサートはスタートしました。1時間のコンサートで、演目は下記。
ジョン・コリグリアーノ『エチュードファンダジー』
ショパンポロネーズ『英雄』
ベートーベンソナタ『熱情』

どの曲も、結構激しいので、Rayの演奏体力を(私が)気にしていたのですが、先日のソロリサイタルでの経験もあり、最後まで楽しそうに演奏していました。ありがたいことに演奏後はスタンディングオベーションでした。瞬時に総立ちになって沢山の歓声や拍手を頂けて、本当に嬉しかったです。053.gif
a0267643_16412499.jpg


その後はアンコールで、これまた激しいショパンエチュード『木枯らし』。最後もスタンディングオベーションで、Rayはとても嬉しそうでした。035.gif

4日前に突然のコンサートの依頼を頂き、最近余り弾いていなかった曲を一気に仕上げ直し、こうしてコンサートが出来た事は、本当に貴重な経験で、今後の成長の大きな糧になると思っています。

来て下さったお友達、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!053.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-30 17:52 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

サンクスギビング2015

昨日はサンクスギビング(感謝祭)でした。072.gif

コルバーンのバイオリンのお友達が我が家に遊びに来て下さり、一緒にサンクスギビングディナーを頂きました。053.gif
a0267643_3231281.jpg


その前日に決まったコンサートでしたが、この遊びの時間もRayの心のメンテには欠かせないものです。沢山おしゃべりをして、沢山食べて、もちろんバイオリン&ピアノ演奏もして、短い時間でしたが、身も心もリフレッシュ!
a0267643_3343324.jpg


お友達の弾くベートーベンソナタ4番第1楽章を初見でピアノ伴奏。その後、ピアノで熱情全楽章を聴いて頂き、コンサートに向けて、どう仕上げ直すかが明確に分かりました。やはり通しで弾くのでも、お客さんがいて下さると分かりやすいです。付き合って下さったお友達に感謝です。056.gif

お友達が帰宅後も、遊び効果か?集中してピアノ&バイオリン練習が出来た様子。なんとも良い一日でした。やはりメリハリは大切ですね。

話は前後しますが覚書。
今週火曜日にはアカデミーオーケストラのコンサートがありました。
a0267643_3443590.jpg

最後のチャイコフスキーは華やかで、スタンディングオベーションでした。これで今期のオケは終わりです。

さて、あとはコンサートに向けて、ひたすら練習です!035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-28 10:02 | 趣味 | Trackback | Comments(6)

突然のコンサート

11/29/2015(日)6時pm~Los Angeles County Museum of Art (LACMA)の Bing TheaterにてRayのピアノコンサートが出来る事になりました。072.gif

Bing Theaterの写真はLACMAのウェブからお借りしました。
a0267643_1035887.png


LACMAはSundays Live(日曜ライブ)というシリーズで日曜日に色々なコンサートをやっています。丁度その日に、Rayのピアノの先生のコンサートがある予定だったのですが、急遽先生のご都合が悪くなり、今日突然Rayに変更という事になったのです。035.gifこの世界、代行はよくある事で、今からこうして突然の代行が出来るのは、物凄いチャンスなので、ありがたくうけさせていただきました。

ものすご~く嬉しいですが、コンサートは4日後の日曜日。喜んでばかりいられません!コンサートを楽しむ為にも、早速練習をみっちりしなくては!!!

丁度明日からサンクスギビングの連休です。ターキーを食べながら、きっちり練習したいと思います。017.gif

無料コンサートです!もしも、お時間ありましたら来てくださいますと嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。053.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-26 10:50 | ピアノ | Trackback | Comments(6)

レッスン色々

週初めは、中々忙しいです。072.gif

週によって内容は変わりますが、今週初めはバイオリンレッスン、室内楽リハーサル&コーチング、セオリークラス、ピアノレッスン、オーケストラコーチング、バイオリンクラス(マスタークラス)がありました。

バイオリンレッスンでは翌日にミシガン大学の教授のマスタークラスがあった為、ヴィエニャフスキ協奏曲第1番第1楽章を一旦、一気に仕上げました。レッスンでテンポをかなり上げた為、マスタークラスまでの練習時間が心配だったようで、隙あらば練習していました。035.gifマスタークラスでも今回は普段のクラスの延長だったので親は入れず。。。最後にサプライズとしてマスタークラスの先生にピアノ演奏を披露したそうです。これはバイオリンの先生の粋な?計らい004.gif

ピアノでは先週はプロコフィエフ協奏曲第3番第1楽章、今週はグリーグ協奏曲第2、第3楽章を見て頂きました。どちらも譜読み1回目のレッスン。曲のノリ、音の持って行き方を、箇所毎に弾いて下さって、一気にそれぞれの曲らしくなっていきました。新曲の譜読みはまだまだ続きます。リストのエチュードも加わり、当面私は口にチャック028.gif



11/24/2015(火)6時pm~ Colburn Thayer Hallにてアカデミーオーケストラのコンサートがあります。060.gif

今回Rayの担当は第2バイオリンのプリンシパル。オーケストラは週一2時間のコーチングがあります。事前に個々に楽譜が行き渡り、毎回のコーチングではライブラリアンが正式な楽譜を用意し、少人数ながら本格的なオーケストラの、あり方が学べます。

もちろんオケの練習も全てRay任せ。リハーサルを見る事もないので、親は本番を単純に楽しみにしています。053.gif

Rayだけは大忙しですが、親は気楽になったもんです。056.gif


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-20 07:47 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(0)

ピアノレッスンの準備

明日は久しぶりにピアノレッスンです。060.gif

新曲のプロコフィエフ協奏曲第3番を見て頂く予定です。新曲を見て頂く時は、Ray、先生、ついでに私の分のレッスン用の譜面のコピーを用意します。協奏曲は71ページと長いので、コピーを作るだけでも結構時間が掛かります。なので、それは私担当。それが、今日は縮小コピーが失敗ばかりしてしまって、途中何度もキー031.gifとなり中断し、時間をおいて気を取り直し、ようやく完成しました。ふ~。全く、なんて大人げないのでしょう。やれやれ。044.gif
a0267643_15252495.jpg


毎回のレッスンで先生に言われたことを、譜面にどんどんと書いていきます。1回目は鉛筆で、次は赤ペン、青ペン、緑、ピンク、、、とレッスン毎に色を変えて書いていきます。何度も同じ事を先生に言われると、色が重複していくので、一目瞭然。なので、曲が仕上がる頃には、譜面はびっちりとカラフルになります。これは私用の譜面です。そして、これは私のお楽しみでもあります。ピアノは弾けないけれど、頭で曲を理解するのは楽しくてしょうがありません。実際理解しているのかどうかは別として。。。037.gif

よく『レッスンの為に送迎が大変じゃない?』と聞かれます。でも、今までいやだな~と思った事がないのです。それは、Rayに便乗して自分がレッスンを受けているような感覚だからなのです。レッスンが楽しくってしょうがないので、可能な限り、まだまだ一緒に受けさせてもらいたいのです。056.gif


さてと、準備万端です。049.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-10 15:55 | ピアノ | Trackback | Comments(6)

室内楽

11/7/2015(土)今日はアカデミーリサイタルでした。072.gif

Rayはドヴォルザークピアノクインテット2番第2楽章を演奏しました。035.gif
a0267643_13545933.jpg


室内楽をやり始めて、そろそろ6年くらい。ピアノデュオ、ピアノとチェロ、ピアノトリオ、ピアノカルテット等々、Rayはピアノ、バイオリン、ビオラで経験しました。どれも年齢の近い子供同士のグループで作られるので、とにかく楽しいらしい。週一のリハーサルと週一のコーチングのスケジュールです。

初めの頃は親も練習やスケジュールに関与していたのですが、その内、何もかもRay一人で全てやるようになったので、親の負担も減っていきました。元々は音楽仲間と楽しくやるのが目的なのかな?と思い、始めたのですが、どうやらそれだけでは無いらしい、と最近になってしみじみ思うようになりました。

人と合わせる時、出たり引いたりと、ピタっと合うと、この上なく楽しいらしく、仲間と音楽を作り上げていく喜びとなるような気がします。その音楽を作り上げる為には、人の音を聴く事はとても重要で、それが知らず知らずの内に出来るようになってきているのでは?と思います。

室内楽で慣れてくると、オーケストラに入った時にも、人の音が良く聴こえてくるようです。オケで人の音が聴けるようになると、ソリストとして、オケと共演する機会に、とても役に立つものだと思います。

ソリストとして活躍しているプロ達も、皆やっている室内楽。他にも、まだまだ効能はあるのかもしれません。時間がかなり掛かるし、クラシック音楽を全くといっていいほど知らない親の私達は、始めた頃は正直必要あるの?と何度も思いました。でも今になり、本当にやっていて良かったなぁ~と思います。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-08 16:34 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(2)

ジャン=イヴ・ティボーデ氏とのピアノデュオ本番

昨日10/30/2015は、ビバリーヒルズのWallis Annenberg Center for the Performing Artsにてコルバーン室内楽のコンサートがありました。072.gif


最近、新しく作られたホールで、室内楽には丁度良い客席500席ほどのホールです。ステージ自体はオーケストラでも十分な広さがあります。写真はウェブからお借りしました。
a0267643_1343748.jpg



Rayは、ラヴェル編曲ピアノデュオ、ドビュッシーのノクターン第1、第2楽章のセコンドを演奏しました。プリモはティボーデ氏です。コンサート前に、会場でサウンドチェックを兼ねてリハーサルを行いました。最終調整です。
a0267643_1485216.jpg



リハーサル後は、Rayは他の出演者と一緒に楽屋で待機。普段バイオリンクラスで一緒の大学生達と楽しく過ごしていた模様。私達親は、一般のお客さんとして外に出ました。もう親の出る幕は一切ありません。

会場は満席でした。本番になり、一番手のティボーデ氏とRay登場。暖かい拍手の後に始まった、美しく静かな曲に、お客さんが固唾を呑んで静まり返っている様子が伺えました。二人の息もぴったりで、第2楽章に入って盛り上がり、最後は、おもわず笑いが起こるような、可愛らしい締めくくりで終了。演奏後は一番手とは思えない程の沢山のブラボーの声に、ティボーデ氏がRayの手を高々と上げて応え、何度もお辞儀。ティボーデ氏もRayも、とても嬉しそうでした。053.gif


今回、ティボーデ氏とご一緒させて頂けたことは、とても学ぶ事が多かったです。とにかく色彩豊かな曲を、どこまで表現出来るか?という上で、弾き方、間の取り方、音色等々を、短い曲ながらも、沢山学べたように思います。何より嬉しかった事は、ティボーデ氏から『どの部分を誰が弾いているか分からないくらい。』とピアノデュオとしての満足度と、『色彩がとても良く表現できていて、大変美しく、満足のいく仕上がりだった。』と言って頂けたことでした。056.gif

a0267643_2585761.jpg



コンサート終了後、学校関係者に『こんなに素晴らしい機会を頂けてありがとうございました。』とお話ししていたら、なんと『ティボーデ氏がRayとやりたいっておっしゃっていたのよ。』という裏話を聞いて、更に一層ありがたく、今後の励みにもなりました。


応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!!!053.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-11-01 03:59 | ピアノ | Trackback | Comments(6)