音楽歴史クラスなので別行動

今日Rayは音楽歴史のクラスがありました。035.gif

土曜日はリサイタルやセミナーがある時が多いようなのですが、アカデミーも始まったばかりなので、今日はたまたまこのクラスだけ。音楽歴史のクラスも3年目。バロック以前~現代までを2年間で終わらせているので、今回はクラシック時代をもっと細かく勉強するらしいです。50分の授業なのですが、私はRayをコルバーンに置いて、さっさとお友達の家に遊びに行ってきました。037.gif


同じ年頃の子供達を持つ母3人で、日頃の面白い事、楽しい事、辛い事を散々話して、ストレス発散(笑)。もう、それはそれは楽しい時間でした。写真はお土産で頂いた和菓子。私好みの粒あんでたまりません。
a0267643_14333874.jpg



音楽歴史クラスが終わって約3時間。035.gifRayはひたすらピアノ新曲の譜読みをやっていました。途中しびれを切らして『まだ?』『まだ?』『まだ?』と携帯に連絡があったけど、私一切気づかず(笑)。もちろん、そうなる事は予測済。私の楽しい時間に協力感謝です!


家に帰ってきてから、バイオリン練習をしています。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-30 15:03 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(5)

アカデミー始動

ついにアカデミーが始まりました。072.gif

a0267643_3364084.jpg



昨日はオリエンテーションでした。今回も沢山の子供達がいます。ざっと学校の事、クラスの事を説明し、まずはピザパーティー024.gif。あっという間に子供達は打ち解けているようです。今回は日本人の親もいたので、私は私で、と~っても楽しく過ごしました。037.gif


その後は室内楽の組み合わせを決める為のオーディションがありました。Rayは今までずっとピアノで参加していた室内楽ですが、今回はバイオリンで参加。多分ピアノの生徒達が多いのでしょう。特に希望を聞かれる前に、バイオリンでの参加が決まっていました(笑)。

室内楽は、週一の生徒達だけでのリハーサル、週一の先生のレッスンがあり、全員のスケジュールを合わせるのが大変です。上手く時間が合ったスケジュールが決まる事を祈るのみ!って、まだ誰と組むのかも知らないのですが。。。

色々なセミナーも徐々に増えつつあります。今回増えたセミナーはキャリアデベロップメントというもので、音楽の道に進む人達がどうやってキャリアを積んでいくのか?その為に必要な事は?という事を習えるのではないか?と思っています。

練習だけではなく、総合的に音楽の道に必要な部分を、効率的に学べる環境を、どんどんと整えているように感じます。056.gif

忙しさ満載の毎日が始まりそうです。058.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-29 04:01 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(0)

夏休み中のセオリー

夏休み中でも時間のある時は、なるべくセオリーの勉強もしていました。035.gifたぶん。。。


なんだか時間の掛かる問題のようですが、どうしても分からない箇所があったようです。問題は『書かれている音符に、3つの音を足してください。』というもので、この中で、どうしても一つの音だけが解せないらしい。035.gif
a0267643_5525859.jpg


先生に問い合わせた所『004.gifこれはこの問題の、その箇所が間違っているようだ。。。』との事。

026.gifふっ。問題集あるある、なのですが、たま~に間違った問題、時には間違った答えがあったりするのです。これはセオリーの問題集に限らず、例えば数学の問題集にもあったりします。このたま~の間違いの為に、分からない問題や違った答えになると『035.gifこれ問題か答えがおかしいんじゃない?』と疑って、それ以上考えようとしなくなってしまうのが本当の問題。大体は考え違いをしていたり、ただ理解していなかったり、なのです。


この『たま~に間違い』これが曲者なのですよ。。。やれやれ。。。015.gif


ちなみに、その解せない部分は!というと、最後に載せておきます。056.gif

その前に、どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

解せない部分
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-26 12:17 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(0)

ピアノの椅子の高さと脱力

最近、ピアノの椅子の高さを少し低くしました。035.gif


ちょっと前のピアノレッスンで先生に
004.gifそれでは椅子が高すぎるな。全部上から弾いているし、不自然だ。』と言われました。

Rayもじわりと大きくなっているようで、知らず知らずの内に、ピアノを上から押さえ込むような恰好になっていたようです。

で、椅子の高さを少し低くして、肘が鍵盤より少し高い位置にしました。そうすることによって、手首が上がり過ぎず、手首を上下させる幅が増え、色々な音色を作りやすいな~と思いました。あとは脱力もしやすいかな~と。

例えば、指が鍵盤の最後まで押し込んだ瞬間に、手首をふっと上に上げると(指は鍵盤を押さえたまま)、指の脱力が出来るように、その手首の上げ幅が大きいと脱力もしやすいような気がします。これはRayの先生用語で『リリース:release』と言って、手首や腕を解放させて脱力させるという意味だと思っています。

脱力が上手く出来ると、大曲を弾いた時でも指はさほど疲れないようです。脱力しないで弾いてしまうと、追々手の故障に繋がると思っています。なので、出来る限り、脱力すべき部分では、思いっきり脱力を日頃から意識して練習しています。


良いタイミングで、椅子の高さが直せて良かった~。058.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-24 07:14 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ゆっくり練習のコツ

004.gifゆっくり練習する事はとても大切なんだよ。』と昨日ティボーデ氏に言われました。072.gif

当たり前の事なのですが、ついついと忘れがちになってしまう、これまた当たり前のコツ。
004.gif速く弾く時と、全く同じ指、手、腕の形で弾くのだよ。』

これは頭で分かっていても、相当意識してやらないと、全く違った形、動きで、ゆっくり練習してしまいがち。ゆっくりなので、どんな弾き方でも弾けてしまう。でも、うっかりとゆっくり練習を違った動きでやってしまうと、速く弾いた時に、動きが変わってしまう為、結局音を間違ったり、良い音が出なかったりしてしまいます。

単音で指だけだと案外ゆっくりでも速くでも分かりやすいのでが、大きな?和音がたて続きに来ると、上手く手や腕を使わないと、出ない音が増えてしまいます。それをゆっくり練習で、どう手や腕を動かすべきか?と考えて練習します。

左右ばらばらで、和音の単音のみで、両手で等々を、それぞれゆっくりと練習していると中々前に進みません。でもやらなくてはいけない。となると少しでも効率的に練習したい所。ほんの小さな簡単な事ですが、毎日ちょっとだけ意識して、いつの間にか無意識にそういった練習ができれば良いなって思います。056.gif

まぁ、そのちょっとした意識を植え付けるために何度も何度も何度も何度も言うのですがね。。。048.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-22 12:13 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

ジャン=イヴ・ティボーデ氏のレッスン再び

今日は久しぶりにジャン=イヴ・ティボーデ氏のピアノレッスンを受けてきました。072.gif

日頃から世界中をコンサートツアーされながらも、基本フランスとロサンジェルスにいらっしゃることが多いとの事で、超ご多忙の中Rayの為に時間を作ってくださいました。なんとありがたいことなのでしょう!016.gif

今日はシューマン交響的練習曲 Op.13を見ていただきました。繰り返しを省いても18分くらいはある曲なのですが、まずは全部聴いて下さり、そこからレッスンスタート。061.gif


エチュード1は、ゆったりと始まりますが、この表現の難しさといったらありません。結構しつこく練習していたのですが、やはりまだまだ。曲を練習する時はメロディーラインをしっかりと出し、歌うように心掛けていたのですが、それだけではない。まずは交響曲的な曲なので、オーケストラを感じさせるような左右のバランスで、全ての音を出す方が曲の厚みが出るようでした。これは、この曲全般に渡って言えることで、要所要所で、それを生かして音の厚みを出し、全体的に交響曲的な感じが一気に増したように思えます。005.gif

それから結局全てのエチュードを見てくださり、合計2.5時間!全く休むことなく、延々にRayとティボーデ氏が代わる代わる演奏し合って、もの凄い勢いでした。もうティボーデ氏の演奏は、素晴らしいの一言!何がどう違うの???とひたすら観察してみましたが、ピンポイントでの説明はできないし、分かりませんでした。多分一番の違いは、音のバランスなのでしょうが、弾いている箇所の楽譜を追いかけていくだけで私は必死。とにかくリズムとルバート、音の強弱が独特なのです。

これまた必死に食らいついていくRay035.gifの音が、どんどんと変わっていったので、多分Ray自身はかなり理解は出来ているかな?とそこに託します(笑)。

今回のレッスンの特に良かった事は、時間がたっぷりとあったので、音の出し方の練習方法を沢山教えてくださいました。エチュード毎に弾き方が全く違うので、それぞれをきっちりと復讐していきたいと思います。066.gif

終わってみたら、多分1曲丸々ティボーデ氏の演奏が聴けたのかな?と思えるほど、沢山弾いて下さって本当に素晴らしいレッスンでした。053.gif

a0267643_1120508.jpg



この凄い満足感を、練習でしっかりと消化したい所です。035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-21 12:15 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ピアノ&バイオリン演奏inサマーコンサート

昨日はクラシックリミックサマーコンサートでした。072.gif

a0267643_1475794.jpga0267643_148105.jpg









会場はロスダウンタウンの高層ビル間の公共スペースで、平日はビジネスマンで賑わっていますが、土曜日の夜だったので、お客さんは来て下さるのかしら?と思っていたら、夜8時の時点では満員状態で驚きました。お客さんは皆ブランケットやお食事持参で、感じとしては小型ハリウッドボウル。とても雰囲気が良かったです。016.gif


コンサートはRayのショパンポロネーズ英雄からスタート。035.gif人気高い曲なので、初めからお客さんもノリノリでした。024.gif
a0267643_281674.jpg


この後、アルフレッド氏とデイダラス氏によるポロネーズを彷彿させる音やリズムでリミックスを即興で演奏しました。かたやクインシージョーンズ氏と共演するようなアルフレッド氏。もうかたや坂本龍一氏からお声が掛かるようなデイダラス氏。そんな二人の演奏は、日ごろ体験することのない音楽。その独特の身体使いから生みだされるノリの良さは、本当に素晴らしいものでした。053.gif演奏が始まると、クラシックの世界とは一変して、その独特な世界に吸い込まれます。
a0267643_21583.jpg


リハーサル時では、殆ど演奏しなかった二人の演奏は、本番で一気に開花。その時の閃きによって、どんどんと音が作り出されていく様は、普段楽譜を表現していくRayとは真逆の事で、Ray自身すご~く刺激的だったようです。二人の息もぴったりで、とても即興だとは思えませんでしたが、きっと即興とはそういったものなのでしょうね。

その後Rayも即興に参加。通しリハーサルはやっていないので、コンサート自体が即興で作られている?という、かなり刺激的な展開。でもお客さん達は、とても楽しんでくれているようで、案外安心して観ていられました。001.gif
a0267643_2432440.jpg


コンサート後半の宴もたけなわ。延々とピアノ演奏してきたRayが、バイオリンを持って二人の即興に入っていきました。そしてそのままサラサーテのイントロダクション&タランテラを演奏。ありがたいことにお客さんは大興奮!024.gif
a0267643_334366.jpg


大歓声のスタンディングオベーションで幕を閉じるかと思いきや、アンコール。Rayはバイオリンを二人と一緒に即興で演奏。最後はすっかり即興名人の二人に溶け込んでRay自身はじけていました。035.gif
a0267643_340264.jpg


全く違うジャンルのプロ達との共演は、ものすごく刺激的で、Ray自身得たものが大きかったように思えます。とにかく楽しいコンサートでした。056.gif


応援して下さった皆様、来て下さったお友達の方々、本当にありがとうございました!!!053.gif

どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-17 12:40 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(4)

松脂とピアノ調律

Rayはアンドレアという松脂を使っています。035.gif

a0267643_10534558.jpg


この松脂は弓の毛が少々緑色になります。今日のバイオリンレッスンで、
先生『004.gifどうして緑色なの?』
Ray『035.gif松脂のせいなんです。』
004.gif一体何を使ってるの?』
035.gif先生のと同じメーカーの物です。』
004.gifあらっ!?そうなの!?じゃあ良いやつね!』ほくほく。

文句言われるかと思ってたけど、ほっ(笑)。実際の見た目はもっと緑色。
a0267643_113548.jpg



家でのピアノ練習中。
『あぁ~!耐えられない!』byパパ。とおもむろに工具を取り出し『どの音だ!?変な音は?』と。どうも1音調律が狂って、変な音が出ていたらしい。そして、ささっと直し『あ~落ち着いた。』との事。Rayも『直してくれてありがと~。』と喜ぶ一部始終を見ていた私は、何が狂っているのか全く分からず。。。直っても分からず。。。015.gif

むむむ、弦の狂いに厳しい!のだな。。。きっと。026.gif


バイオリン効果でピアノの音が保たれているのかしら?060.gifポチっと!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-13 11:42 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(3)

ピアノレッスン

昨日はピアノレッスンに行ってきました。072.gif

8/15のコンサートで演奏予定の、ほとんどの曲を見ていただきました。

スカラッティK141では、もっともっと小さい部分をコロコロと弾くように!だそうです。練習期間が短いと、どの曲でもすぐにバタバタしてしまいます。そういった場合は基本に戻り、左右分けてそれぞれの音を良く聞きながら、地道な作業要。その後全体のバランスを整えます。どこまで指のコントロールが出来るか?でしょうか。

バッハ平均律クラヴィーア1番のプレリュードでは、同じようなメロディーが延々と続くのですが、全てを右手の親指を使うのではなく、親指で弾いていた部分のいくつかを他の指で弾いてみたら、あら不思議!?全く違う音の響きになりました。どこの部分を弾いているのかは、楽譜を見ていても全てが同じに見える私にはさっぱり。。。なので楽譜のどこかとんちんかんな部分にひそっと指番号とだけ書いておくと、Ray見直した時に思い出します(笑)。

ジョン・コリリアーノのエチュード・ファンタジーの第4楽章。ダイナミックで小さくなる部分をもう少し小さく。とても激しい楽章なのですが、リラックスして弾けているとの事。

ショパンポロネーズ英雄では、もう結構長く弾いているので、中々良い感じになってきたらしい。この曲の練習自体は余りやっていないのですが、曲が熟成されてきたとの事。年齢的にも多少は成長してきたのかな?と思うような嬉しい先生のご意見でした。

ショパンエチュード木枯らしもポロネーズとほぼ同意見。

コンサートでは、あとベートーベンソナタ熱情の第2、第3楽章も演奏します。これは、今まで沢山レッスンして頂いたので、今回はレッスン無し。これで本番までにもうレッスンはありません。『004.gifどれも来週土曜日のコンサート本番では楽しく弾けるでしょう!』との事。今回のレッスンでは結構良い事ばかり言ってくださいました。多分、言いたい事はもっともっとあったとは思いますが、本番前最後のレッスンでは大体テンションアップするような事を言って送り出してくれます。056.gif万全の仕上がりで臨みたいと思います。066.gif


で、新曲追加。本番前でも容赦無し(爆)。バッハイギリス組曲3番です。長い曲なのですが、すごく素敵な曲053.gif。装飾音符に気を付けて再来週のレッスンには譜読みを終えたい所。魔の譜読み&曲の仕上げで、来週はパツパツに忙しくなりそうです。


譜読みどこまで出来るかしら。。。?023.gif




どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-10 01:31 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

スタインウェイのボイシング

今日はピアノを買ってから、初めてのボイシングをしてもらいました。072.gif

ピアノを移動させてから新しい環境(我が家)に馴染むまで2週間後くらいが良いとの事で、今日ようやく、いつものピアノ調律師さんに来ていただきました。

移動後は調律だけでなく、ボイシング(音色・音質を整える作業)が必要だそうで、今ままで気になっていた音を、どうしてほしいのか、Rayが調律師さんに色々お願いしました。一番気になっていたのは、高音部分の音が柔らかすぎて、メロディーラインが出しづらかった。そこでハンマーフェルトを少々削って調整。すると音が驚くほど大きく輝いて響くようになり、その差にびっくりしました。005.gif

a0267643_1359121.jpg


あとは、ソフトペダルの調整とソステヌートが上手くきかない1音があったので、それも直して頂き、全て調子よく動くようになりました。弦も磨いて頂いて、見た目にもピカピカに。コンディションがとても良いようで一安心。音もRay好みの多少硬め。これは以前LACOのコンサートの時に素晴らしく調整されたハンブルグ製のピアノが一番好きだったらしく、それに近い仕上がりで、もう大満足です。049.gif

この調律師さんは、おしゃべりも大好きで、いつも色々な事を教えてくださいます。今回はピアノのパーツの素材と名称を色々教えてくださいました。調律も含めて、ほぼ丸一日の作業でした。

その後は生まれ変わった輝いた音を堪能するかのように練習も楽しそうにしていました。035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-08-07 15:51 | ピアノ | Trackback | Comments(0)