アカデミーオーケストラコンサート

昨日はアカデミーオーケストラのコンサートでした。072.gif

a0267643_1382987.jpg


Rayが演奏する曲は家でCDなりDVDなりで流している事が多いので、本番では聞き覚えのある曲として馴染んでいます。オケの普段の練習リハーサルは一切見ないので、聴くのは本番のみ。ここで聞き覚えのある曲だと、とても楽しくコンサートも聴けます。058.gif

a0267643_13214828.jpg


今までは人数が足りなかった分はコンサバトリーの生徒さんにも入ってもらっていましたが、今年は全員がアカデミーの生徒です。大きく成長する子供達と同様、アカデミーも成長しています。056.gif

a0267643_1326516.jpg


卒業生達は、これでアカデミー最後のコンサートです。それぞれが、コルバーン、ジュリアード、カーティス等々へ旅立っていきます。きっとこれからも、どこかで会うことでしょう。

a0267643_1331146.jpg



あ~と~は~、今期から新しく出来たグレード試験?です。明日はピアノ、明後日はバイオリンを、審査員(多分先生方?)の前でクローズで演奏予定です。あともう少し!


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-30 13:44 | バイオリン | Trackback | Comments(0)

ピアノレッスン

先週は他の先生方のレッスンがあったので、今日は2週間ぶりの、いつものピアノレッスンでした。072.gif


練習室でレッスン前の練習。最近気に入っている部屋らしい。広くてShigeru Kawaiの音がとても良かった。
a0267643_10265271.jpg


レッスンでは、新曲のスカルラッティソナタK466から見て頂きました。新曲なので、今回先生に聴いていただくのは初めて。なのでまずはRayの弾きたいイメージで弾いてみました。とても素敵なしっとりとした曲なので、ついペダルが多めに入っていたよう。バロックなので、もともとはハープシコードで演奏されていた曲。そこで、スラー部分は、まずはフィンガーペダルを利用して、その後必要な部分にペダルを入れるという方向で行ってみる事に。つい指だけで弾いてしまいがちな旋律を、腕の重みを利用して弾くと、より自然な音の強弱が出るようでした。一音一音のバランス、フレーズのバランスを、教えていただいた弾き方で更に見直したいと思います。035.gif

次はシューベルト即興曲1番。夢見心地のシューベルトは、ついついルバートを多く入れてしまいがち。でも常にパルスを感じて、連続性を出す事が必要だそうです。あまり揺らし過ぎず、一定の速さを保ちメロディーラインを出していくようです。


こうしてブログには私自身の記憶の為に記録していますが、最近はめっきりと家での練習では口を出さなくなりました。数ヶ月、いや数週間単位で、どんどんと変化をしているような気がします。練習に口は挟まなくなっては来たけど、こうしてレッスンを見るのは、ものすご~く楽しいので、ずっと参加させて欲しいなぁ~。056.gif


どちらかにポチしてくださいますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-26 15:12 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

スプリングリサイタル

先週土曜日はアカデミー今期〆のスプリングリサイタルがありました。072.gif

Rayは室内楽でホアキン・トゥリーナのピアノカルテットOp.67のピアノを演奏しました。
a0267643_1203178.jpg


アカデミーになって以来、室内楽を色々な生徒達と組んでいるのですが、これが他の人の音を聞く、とても良い勉強になっているようです。練習時には、他の生徒の音が、どこかへ飛んでしまう時に、その楽器のメロディーもピアノで弾いてあげて、その子の迷子脱出を手助けする事も出来るようになったようです。弦楽器はそのパート分の楽譜しかないので一旦迷子になってしまうと彷徨ってしまうらしい。ピアノ譜だけは全員の分が書かれているので出来るようです。049.gif

終了後の皆の良い笑顔。058.gif
a0267643_1248542.jpg


そして、その後はお楽しみ。Rayはお友達と8人でリトル東京に繰り出し夕飯を食べに行っちゃいました。残されたパパと私は二人でデート。058.gif


さて、残すところ、4/28(火)5:30pm~Colburn Thayer Hallでのアカデミーオーケストラの本番のみとなりました。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-21 15:57 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

ティボーデ氏ピアノレッスン

金曜日はジャン=イヴ・ティボーデ氏のレッスンを受けてきました。072.gif

ベートーベンソナタ『熱情』の第一、第三楽章を見て頂きました。この日は一台のピアノの部屋で、まず離れた場所からRayの演奏を聴き、その後はずっと横に立ち、時には演奏してくださりながらレッスンは進みました。


全体的に乾いたドライな印象だったので、ペダルを入れて、もう少しウェット感を出しました。このお方のペダル使いはとても繊細で、かなり沢山細かく入れて、濁りの無いクリアーな中で、滑らかさを出すといった感じでした。特に今後ぜひとも取り入れたいと思った内容は、フォルテの部分の音の出し方でした。どうも鍵盤を思いっきり押すように弾いていた部分で、身体に力が入っていた感じの痛い音!?が多かったので、それをもっと身体の力を抜いて、腕の重みで弾くフォルテというのを教えていただきました。すると、大きい音だけど、柔らかい音というか痛くない音というか。。。そんな音が出たのです。これは、他の曲でも絶対に取り入れたい所!しっかりと練習したいと思います。035.gif

a0267643_2425666.jpg



1時間という短いレッスンでしたが、ものすごーく実りあるものでした。今後も極々たま~にコルバーンに来てくださるそうで、またぜひともレッスンして頂きたいと思います。056.gif


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-20 08:37 | ピアノ | Trackback | Comments(5)

巨匠ネーメ・ヤルヴィ氏

火曜日は、世界的に活躍されている指揮者ネーメ・ヤルヴィ氏がコルバーンへ来てくださいました。072.gif

これは、コルバーンとLAフィルとの提携により、LAフィルと共演されるアーティストの方々が、時々コルバーンにやってきて下さり、生徒達と交流していただけるという企画の一環です。(多分)

と言う事で、今週末にLAフィルと共演されるヤルヴィ氏が、Rayの演奏を聴いて下さいました。024.gif本番前に一人で練習中。
a0267643_639111.jpg


035.gifグリーグ協奏曲第1楽章とベートーベン協奏曲3番第1楽章を聴いて頂きました。ヤルヴィ氏はホール中央の客席に座られ、演奏中、初めはじーっと聴いていたのですが、後半では指揮をする素振り。一旦グリーグを弾き終えると、さっとスコアを見て、『じゃ、ここからもう一度!』『もっとルバート入れて、音に変化を付けて!』『ここは、もっと遅く!でここからは一気に速く!』等々沢山指示をしてくださり、完全にレッスン状態。次のベートーベンでも同様に、沢山教えていただきました。053.gif

今後はテクニック的なことより、もっともっと感情表現を豊かにして、作曲家の意思を通して、自分を表現するべき!といった内容だったと思います。気が付けば1時間、みっちりとレッスンして下さいました。049.gif

ヤルヴィ氏は、日本でも、よく指揮をされるので、お会いするなり、『001.gif日本のどこ出身なの?』と、とても和やか~。お子さんは全員音楽家。息子さんのパーヴォ・ヤルヴィ氏は、今年9月からNHK交響楽団の主席指揮者に就任されるそうです。
a0267643_725965.jpg



ほんの少しだけでも、指揮者の曲への取り組み方を教えて頂くという、とても貴重な体験をさせていただいたのですから、きっちりと今後の練習に繋げていきたいと思います。035.gif

どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-17 08:43 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

ティボーデ氏マスタークラス再び

月曜日はジャン=イヴ・ティボーデ氏のマスタークラスがありました。072.gif

前回、この方のマスタークラスを受けたのは1月でした。そして再びコルバーンにやってきてくださいました。前回はアカデミー主宰のマスタークラスで、Rayはショパン協奏曲2番を見ていただいたのですが、他のアカデミーの生徒達は皆ソロ曲でした。で、今回はピアノ協奏曲のみの内容で、コルバーンのパフォーミングアート、アカデミー、コンサバトリーからそれぞれ一人づつピアノ協奏曲を見て頂きました。

a0267643_9112643.jpg


Rayはグリーグ協奏曲第1楽章を見て頂きました。フレージングを結構考えていたのですが、どうやら、もっともっとやっても良い!という内容で、曲全般に渡り、もっとダイナミックを大胆に、ルバートももっと入れる方向で教えていただきました。ティボーデ氏の教え方は今のピアノの先生と似ているところがあり、とても受け入れやすく、どれも納得のいく内容で、Rayもとても楽しそうに演奏していました。035.gif


今週の金曜日に、ティボーデ氏のレッスンを受けられる事になり、ベートーベンソナタ『熱情』を見て頂く予定です。楽しみ~。058.gif


ピアノマスタークラスの前にはバイオリンレッスンもありました。ヴィエニャフスキ協奏曲2番全楽章を見ていただき、翌日の先生のクラスで演奏予定となりました。差し入れのミニシューをた~くさん作りました。053.gif
a0267643_923997.jpg




どちらかにポチしていただけますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-16 10:28 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ピアノレッスンと伴奏合わせ

今日はピアノレッスンと、ピアノ協奏曲の伴奏者との合わせがありました。072.gif


レッスンでは、まずベートーベン協奏曲3番第一楽章を見て頂きました。先日のレッスン時に見ていた時は、全体的にゆったりと素敵な流れだったのですが、事前にメールで、『004.gif次のレッスンでは速くする!』と言われていて、今日は全てをもっと速くして、生まれ変わりました。同じ曲とは思えないほど、エキサイティングな感じが出て、この曲に関しては、今までのゆったりバージョンと、今回のノリノリバージョンの二つのタイプが出来ました。056.gif


一旦仕上げた事のある曲を、再度仕上げ直す時には、曲のテンポを一気に速くしてイメージを変えていくことは、他の曲でも結構あるのですが、こ~ゆ~時にレッスンは、見ていてもとても楽しいです。息つく間も無く、とにかく先生とRayとで凄い勢いで演奏していって、一気にガラッと変えていきます。テンポの速さで二人がどんどんノリノリになり、『004.gifオリャァ~!こうじゃぁ~~~!!!』『035.gifどうじゃぁ~~~!!!』という雰囲気なのです(笑)。で、レッスン後の二人は、とてもさわやかです。058.gif058.gifやる事やって、晴れ晴れ~!という感じ。


実際はレッスン中は、多少の音の転び具合等々は、ほぼ無視して進んで行くので、それをきっちりと仕上げる練習は、しっかりと残ってしまうのですが。。。029.gifそれは家で地道に練習します。035.gif


その後はピアノ伴奏者と一緒に合わせました。タイミング良く先生も同席して下さって、変えたばかりのベートーベンのテンポを再確認して下さいました。そして伴奏者とはグリーグも合わせました。今回のリハーサル1回でOKかな?と思っていたのですが、直前のレッスンでテンポを大きく変えたベートーベンだったので、Rayとしては、どうしても本番前に、もう一度伴奏者とリハーサルをしたい035.gif!との事。なので月曜日に再度リハーサルをする事にしました。


さてと、あとは家でじっくりと練習して行きたいと思います。060.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
只今バイオリンの練習中。ヴィエニャフスキ協奏曲2番全楽章!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-12 12:26 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

ピアノ臨時レッスン

今日はピアノ臨時レッスンへ行って来ました。072.gif

来週、グリーグ協奏曲とベートーベン協奏曲3番をマスタークラス等で演奏する予定が入り、通常のレッスンで見て頂いていたのですが、曲がそれぞれ結構長い為、演奏を一度通すだけでも時間が掛かり、週2回レッスンでは追いつかず、ついに臨時レッスン追加となりました。

今日は、久しぶりに弾いたベートーベンを見て頂きました。以前弾いた時より、もっと自然に力を抜いて、全体的に、さり気無い弾き方に変わっていきました。久しぶりに演奏する曲は、いつも以前ほど弾けないような感覚があるのですが、ちょっと慣れてくると、確実に以前より良くなっているような気がします。この曲は弾いていなかったけど、他の曲で学んだ事が、やはり生かされているような。。。何かしら、成長しているような、、、気がするような、、、。願望かな、、、???

土曜日には再度時間延長レッスン&伴奏者とのリハーサルもあります。しっかりと練習して行きたいと思います。066.gif


相次ぐレッスンには、差し入れをして感謝の意を表明。コレステロールフリーご希望のピアノの先生には、チアシード入りチョコスコーン。ぶさいくな形はお気になされぬよう。甘さ控え目の自分で食べたい物を、たまに差し入れます。お菓子大好きな先生は、まずレッスン中にぼりぼり食べ始めます(笑)。
a0267643_14341670.jpg



バイオリンの先生への差し入れは、打って変わってバター&卵入りの、こってりものを好みます。なので、ピアノの先生への差し入れとは一緒には作れません。甘いものを最近では食べなくなったRayが、久しぶりに食べたいと言ったので、ミニシューを作ってみました。今度はこれをバイオリンの先生に差し入れようと思います。
a0267643_1450845.jpg



どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-10 15:27 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

イースターブランチ

一昨年去年に引き続き、毎年恒例となってきたイースターブランチに今年も行って来ました。072.gif
a0267643_3524692.jpg

このイースターブランチは11歳以下の子供達はエッグハントが楽しめて、豪華絢爛なバイキングブランチという、年一回のお楽しみ053.gif


ここぞとばかりに食べる、食べる、そして食べる。これでも、ほんの一部。うふ。037.gif
a0267643_4443792.jpga0267643_444522.jpga0267643_445615.jpg







はちきれんばかりにご馳走を頂いた後は、ローズ家にお邪魔して、またまた楽しい楽しい恒例音楽会。060.gif去年から身体も演奏も更に一回り大きくなって、皆とっても素敵でした。024.gif
a0267643_471420.jpga0267643_473136.jpga0267643_474582.jpg

a0267643_484959.jpg
a0267643_4111264.jpg


Rayはモーツアルト協奏曲4番のピアノ伴奏も初見でやらせてもらい、とっても良い勉強にもなりました。で、Rayもピアノ&バイオリン演奏させて頂きました。035.gif
a0267643_4245796.jpg

a0267643_4251415.jpg



今年はローズ家のお嬢様が、もう立派に巣立ちされて、この場にいなかったのですが、その分、他の子供達が成長し、その成長を一緒にこうして見ていられることは、本当に心温まります。もう涙無しでは見ていられない演奏会でした。

a0267643_4392549.jpg


『今』という瞬間を大切に、これからも輝いて成長していって欲しい!と切に願います。056.gif


どちらかにポチして下さいますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-07 05:00 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(6)

お家練習失敗そして成功

ははは、もうこればっかり。。。029.gifと自分でも笑ってしまう。

金曜日はピアノレッスンがあり、グリーグピアノ協奏曲を見て頂きました。
で、家での復習の為にレッスン録画ビデオを見て、久しぶりにRayと一緒に練習してみました。
ふっ、もうお気づきのように、またまた喧嘩勃発です。で結局2時間の練習時間で進んだのは初めの10分ぶんのみで、その後は延々と『こんな感じなのに、言ってる事分からない?』『全然分からない。』の堂々巡り。もう大失敗でした。021.gif


で、喧嘩自体はパパの介入で終わったのですが、その後の今日の家練習でどうしたものか?とパパに相談。Rayと私の喧嘩を聞いていると、まるで私が先生のように『こうしたら?ああしたら?』と言っていたらしい。私は先生の演奏している雰囲気をRayに伝えたかっただけだっだのに、そういったのは一切伝わっていない!との事。で、やはり今回も私の言っている事がRayに伝わらず、私の言い方&態度が悪い→喧嘩という図が出来上がってしまった。


パパの提案により、ビデオを観ながら、『ひたすら先生のように弾いてみて。』と言えば良いんじゃないの?との事。それで、Rayに先生の雰囲気を自分で理解してもらうのが良いのではないか?との事。


弾き方や、音の出し方はRayがレッスン中に先生に言われて分かっていることなので、今更、私が『こうだ、ああだ』と言う必要はもう無いのだ。先生の素敵な演奏の雰囲気をRayがビデオで確認すれば良いだけの事に気が付いたら、私は一体どれほど傲慢な態度を取っていたのだろう。。。と深く反省。


で、本日の家での練習で、ひたすら先生の演奏する雰囲気を分析してみよう。そこで、先生はどうしてこんな素敵な弾き方をするの?とRayに聞きながらやってみたら、Rayは感じたままに自分なりに素敵な演奏をするではないですか!!!もちろんテクニック等の練習は、その他できっちりとやらなければいけないけれど、楽譜に書かれている音の大切さ、雰囲気の良さ、その身体使いによる音の良さが出てきて、大変満足のいく練習ができました。056.gif


で、良い練習が出来たのでRayに『今日の練習どうだった?』と聞いてみたところ、
Ray『035.gifやっぱり喧嘩の原因はママだったね!と分かったよ(笑)。』だそうで。。。


はい。全て私の責任でございます。。。


久しぶりにプチっとしてしまったけど、中々良い結果が得られて良かったです。Rayもどんどんと大人になりかけて、こういった喧嘩自体が、もう最後かな?とも思えてきました。


なんか成長したな~と思った出来事でした。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。040.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-04-05 16:51 | ピアノ | Trackback | Comments(4)