Strad Fest本番

昨日3/29/2014(土)はStrad Fest LACOガラコンサートの本番でした。072.gif

その日、まずはコルバーンのホールでリハーサル。
ビバルディ4バイオリン協奏曲をやりました。4人のソリスト+クインテット060.gif
a0267643_14112237.jpg

その後はアンコールを7人全員で演奏。060.gif
a0267643_14113693.jpg

本番当日のリハーサルでも、とにかく笑いが絶えません。その和やかな雰囲気の中、演奏でも楽しさが全開に伝わってきます。そして瞬時の鋭い演奏の切り替えがとにかく素晴らしいです。ノリ、テンポがとても良く、どんどんと曲に引き込まれます。Rayがとても自然に臆する事無く溶け込める雰囲気を作ってくださっています。でも、もしかしたらいつでも、この方々はこういった雰囲気なのかも。。。!?何にせよ、とっても良い感じ。053.gif

その後は本番会場に移動して通しリハーサルが行われました。本番の進行をその場で調整して演奏も一通り通しました。まだ会場の設備を準備中の中、演奏している人は大きな音が出ていても、一切動じません。本番はもちろん楽しかったですが、これらのリハーサルがとにかく勉強になったと思っています。035.gif

プログラムパンフレット。
a0267643_14293025.jpga0267643_14272964.jpg








本番のプログラム終了後、最後にRayをMr. Kahaneが紹介して下さいました。035.gif
a0267643_14334155.jpg

『今回のように、こういったチャンスを若者に与えることは、とても大切な事です。』と聞いた時には、思わず涙してしまいました。そして、つい最近決まった5月にRayの本格的デビューとなるLACOとのピアノ共演の事も皆さんにご報告して下さいました。053.gifそして最後にRayによるアンコール紹介で、全員でアンコール曲を演奏して終了。

その後はサイレントオークション。今回はソリスト全員のサイン。$850なり~。
a0267643_14594473.jpg

その他では、10名様をご招待してランチ付きRayのピアノ演奏035.gif。$2500。なんてゆ~のもありました。

今回ストラディバリウスを演奏させてもらえた事、プロの人達との共演で、間近にその存在を感じれた事は、何にも代えがたい素晴らしい体験でした。この体験を今させてもらえた事に心から感謝して、またこれからの励みとして、更に頑張っていきたいと思っています。035.gif
a0267643_158146.jpg


これでStrad Festは終わりました。
a0267643_159264.jpg


本当に何もかもが楽しかったです。応援して下さった皆様!ありがとうございました!!!035.gif

どちらかにポチして下さいますと嬉しいです。053.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村







[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-31 15:30 | バイオリン | Trackback | Comments(11)

共演者とリハーサル

一昨日はLACOガラコンサートの共演者とリハーサルがありました。072.gif

まずはビバルディ4バイオリン協奏曲。060.gif
第1バイオリン:Mr. Martin Chalifour LAフィルのコンマス。ものすごく良い人~という感じ。
第2バイオリン:Mr. Philippe Quint 普段から1708年Rubyストラッドを使用しているバイオリニスト。お洒落なイケメン、しかし天然風な所もあり、皆にいじられる貴重な存在。
第3バイオリン:Mr. Cho-Liang Lin ジュリアードで、五嶋龍氏の先生。バイオリニスト。すごく大らかでジョーク好き。いつも大声で笑うが、時には先生らしい真剣な顔を覗かせる。
第4バイオリン:Ray Ushikubo035.gif楽しくってしょうがない状態。
ピアノ伴奏:Mr. Jeffrey Kahane LACOのディレクター、指揮者、ピアニスト。穏やかでにこやかなお方。Rayの『指揮者への道』の要の存在のお方。
a0267643_16494797.jpg

正直、Rayには夢のような、ものすごいメンバーです。053.gifLAファイルのコンマスはRayの初めてのオーケストラとの共演コンサートを見て下さったようで、『001.gif僕はRayの事を知っているよ。あのピアノ協奏曲は良かったよ。』と言ってくださり、早速馴染めました。4人で合わせたのは一回のみ。ほんの少しのアドバイスを頂いて、その後はもう次の曲へ。弾き直しは一切しません。


次にMs. Margaret Batjer:LACOのコンマスでRayに良く指導してくださるお方。Ms. Chee-Yun:バイオリニスト。Rayが6歳の頃初めて見たプロのコンサートでのソリストだった思い出深いお方。これまたジューク好きな陽気なお方。Mr. Xiang Yu:メニューイン優勝者で草食系。の3人が加わり、7人のバイオリニスト全員でバッハのパルティータ3番プレリュードを、一人ずつ代わる代わる弾いていくアレンジ。060.gif
a0267643_165050100.jpg

LACOのコンマスから曲が始まり、デクレッシェンドして、Rayがピアニッシモから引継ぎ、最後にはフォルテで次のYu氏に引き渡します。テンポを速めには練習していたのですが、予想外の速さ(速っ!)で始まったので、必死で着いていったようです。引渡しも成功して、あっさりと1回で終わり。最後の部分だけ、アレンジを変えたので、新アレンジで一回弾いて終わり。やはり何度も弾く事はありませんでした。どうやら、一回言われた事は楽譜に書き込み、あとは次にやる時には完璧にしておいてね風。

それにしても、皆さんは超余裕の態度。冗談や笑い声が飛び交い、ものすご~く楽しく和やかなリハーサルで、あっという間に1時間半が終わってしまいました。しかし、皆さんご自身の演奏箇所では、一瞬にして、何とも素敵な音を出す人に大変身。プロの醍醐味を十分楽しませていただきました。Ray自身、どんどん皆と同じような感じに変わっていくのが感じ取れます(その場だけかもしれませんが。。。)。きっと毎日、こんな凄い方々と練習していたら、どんどん上手くなっていくのだろうな~と、すごく感じました。見たもの聞いたもの感じたものを全て吸収していくようです。直接教わることは殆ど無く、でもプロの音がRayの身体に染み込んでいく様な感じなんです。とにかく、ものすごい体験をさせてもらっている事に感謝です。

今日はリハーサル後、本番です。最後までたっぷりとプロ達のストラッドの音を堪能したいと思います。072.gif

きっと家に帰ってくるのは真夜中になることでしょう。で、明日の午後はビバリーヒルズでピアノのミニリサイタルが控えています。気合を入れて、この2日間を乗り切りたいと思います。066.gif


どちらかにポチして頂けますと、きっと乗り切れます!と、願って!035.gif頑張ってきまーす!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-30 01:07 | バイオリン | Trackback | Comments(0)

違うストラディバリウスを弾く事に。

3/25/2014(火)に、ついにストラディバリウスが来ました。072.gif

当初の予定では、Rayは1666年のSerdetストラッドと使わせてもらう予定だったのですが、ミーティングに行くと、そこにはもう1丁の別のストラッド:1720年Beechbackストラディバリウスがありました。2丁ともロンドンから管理者が持ってきてくれたものでした。元々Beechbackは2010年にメニューイン国際コンクールで優勝したXiang Yu氏が使う予定だったのですが、このバイオリン少々小さ目なのです。そこで、手の大きいYu氏には小さ過ぎる。。。と言うことで、これをRayが使う事になりました。比べてみても確かにSerdetより少々小さいです。
a0267643_93371.jpg

Beechback Stradivarious: Photo Courtesy of Peter Beare

Rayのフルサイズのバイオリンよりも少々ストリングが短めなので、音程を全てやり直し。そしてブリッジも違うので、弓の当て方等々変わって来ます。短い時間でどこまでRayが出来るのか。

a0267643_11215151.jpg


Ray以外の演奏者は全員普段からストラッドでも演奏活動をされている方々です。正直、ここまでハンデが大きいものなのか!?とかなりの不安がありました。でも、今日他の演奏者と会ってみると、他の一部の方も、今回の為に用意された違うストラッドを使うと言う事を知り、更に、その方々も一様に、それぞれが中々慣れなく、練習で大変な思いをしている事を聞きました。005.gif
『そうか!プロでも同じように違うバイオリンで大変な思いをしているのか!?だったら今Rayが大変なのは、ものすご~く当たり前の事なのだ。』と納得。035.gif

a0267643_11293910.jpg


これで迷う事無く全力で練習に打ち込めそうです。049.gif

a0267643_11354465.jpg


で、肝心のBeechbackストラッドの音なのですが、中々手強く癖が強い感じです。簡単には自分の思うように弾かせてくれない感じだったのですが、この2日間で随分とコミュニケーションが取れてきた!?らしいです。でも、もちろんまだまだなので、土曜日の本番まで精一杯練習して弾きこみたいと思います。035.gif

Strad Festは今日から始まりました。明日は共演者との初のリハーサルです。悔いなく全力で楽しみたいと思います。072.gif

どちらかにポチして頂けますと、もっと良い音が出るかも~。035.gifお願い!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
バイオリン本番翌日にはピアノのミニリサイタルがあるんです~!035.gifがんばるよー。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-27 12:03 | バイオリン | Trackback | Comments(2)

ミルシテインのストラディバリウスを弾かせてもらった。

今日はナタン・ミルシテイン(Nathan Milstein)が使っていた1716年のストラディバリウスを弾かせてもらいました。072.gif  このバイオリンです。053.gif
a0267643_14333768.png

                  

来週には1666年Serdetストラディバリウスがロンドンから来る予定なのですが、その前にLACOのコンマスの方が、RayのLACOガラでの演奏予定のバッハとビバルディを見てくださいました。その方はガラでもミルシテインのストラッドを使う予定です。そして、今日のレッスンにも持ってきていました。016.gif

そしてRayに『これで弾いてみてごらんなさい。』と言ってくださり、レッスン後半はずっと使わせてくれました。035.gif
a0267643_14282282.jpg


初めはRayの弓を使っていたのですが、『これを使ってごらんなさい。』とFetiqueの弓を貸して下さいました。このストラッドには、この弓の方が良い音がするそうです。by Ray035.gif

ストラッドを初めて弾いたRayの感想は『全く違う~!すごい!とにかく、すごい!』との事。
とにかくG線がリッチで深い音がして、A線やD線のハイポジションでよくある結構いやな感じの音が逆にリッチな響きで何とも素敵な音がするらしく、とにかく楽しめたようです。035.gif060.gif

レッスンに同伴していたパパによると、初めはさほど凄いと思わなかったけど、Rayが弾いていくうちに、どんどんと素敵な音を出すようにRay自身が変わっていくのが分かったそう005.gif。どうやら、良い楽器は、演奏者を育てていくというのを、ほんの数十分の内に感じとったようです。
a0267643_1503019.jpg


で、Fetiqueの弓は『今日からガラ本番まで使って良いよ053.gif。』と言ってくださり、借りてきました。良い弓はそれだけで、今のバイオリンでも音の質が変わります。とにかくソティエやスピッカートが弾きやすいようで、一つ一つの音がクリアーに出るようです。こんなに良い物を使わせてもらって、すごーく嬉しいのですが、返した後が怖いです。。。021.gif

今は十分に堪能させてもらおうと思います。035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-22 15:35 | バイオリン | Trackback | Comments(12)

久しぶりのピアノレッスン

今日は久しぶりのピアノレッスンでした。072.gif


と言っても私にとって。。。という事でして。土曜日もレッスンはあったのですが、私、軽いぎっくりになってしまいまして、レッスン同伴を断念021.gif。今日は普通に動けるようになってきたので行って来ました001.gif

今日はショパンエチュードOp.10-2とベートーベン熱情第1楽章を見て頂きました。エチュードはダイナミックを入れることによって小さい音で速さを出して行くこと。左手の方向性もはっきりと出す事。今後もっとテンポを速くして行くとの事。ひたすら指の強化!?みたいなエチュードなので、気長にしっかりと練習して行きたいと思います。

ベートーベンでは1小節目から『もっとこうだ、どうだ、そうだ!』とダメ出し全快!(爆)
p の右手と左手の弾き方を変えて、同じように聞こえる様に!? の種類、弾き方、身体の使い方、全てに渡って細かくご指導頂きました。家に戻ってから、初めの1ページだけを練習するだけで、ハ~ハ~ゼ~ゼ~と息切れものです。でも、ものすご~く疲れる練習が出来た時は、それなりに得る物が必ずあります。普段、ついついなんとな~く、さら~っと練習して、さくっと終わる事が多い家での練習。久しぶりに気を引き締めて、疲れる練習を少しでも多く出来るように心がけたいと思います。035.gif


バイオリンは、来週火曜日、ついにストラディバリウスとご対面予定。053.gifガラコンサート本番までに数日しかありませんが、出来るだけストラッドと一緒に時間を過ごしたいと思っています。どこまで仲良くなれるのか!?とても楽しみです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-19 13:38 | ピアノ&バイオリン | Trackback | Comments(2)

親の行かないリサイタル

先週末にアカデミーガラリサイタルがありました。072.gif

アカデミーオーケストラから数人選ばれて室内楽規模でビバルディ四季を演奏してきました。Rayは第2バイオリン。そのリサイタルの参加者はゲストとアカデミー関係者と演奏者のみで親は行けず。。。007.gifコルバーンから会場までは学校のバスで子供達だけで移動しました。親としては練習した成果を見せる本番が見られないのは、かなり悲しいというか、虚しいというか。。。

そんな親達の想いはよそに、Ray達は、ものすご~~~く楽しかったようです。035.gif
バスの中は遠足状態でおしゃべりしっぱなし。演奏後にダメ出しされる事も無く、それはそれは楽しい事でしょう。きっと今後は、今回のように親の行かない本番も増えて行くかもしれません。こうして、親離れ、子離れが進んで行くのでしょうか。。。015.gif

a0267643_14461619.jpg


いつか家での練習も親が口を出せない状態になっていくのかしら!?それはそれで嬉しいような、でも寂しいような複雑な心境です。今、まだ一緒に出来る事をありがたく思って、この時間を大切に過ごしたいと思います。053.gif

とはいえ、ぎゃ~ぎゃ~文句ばっかりなんですが(私の場合)。。。まっ、それもいつかは良き思い出となる事でしょう。037.gif と、信じて!


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-13 15:36 | バイオリン | Trackback | Comments(4)

写真が出来ました。

以前プロのカメラマンに撮って頂いた写真が出来上がってきました。072.gif

何百枚もの写真を撮って頂いた中から選抜しました。そろそろブログの写真も新しいものにしようかと考えています。どれにしようかしら!?035.gif
a0267643_7555964.jpg

a0267643_7563765.jpg

a0267643_757741.jpg

a0267643_7573995.jpg

a0267643_7575042.jpg

a0267643_7584359.jpg

a0267643_758555.jpg



どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-09 13:23 | 趣味 | Trackback | Comments(12)

サラ・チャンさん再び

2014年4月13日(日)6:30pm~Colburn School Thayer HallでCenter Stage Strings Benefit Concert があります。072.gif

今年はサラ・チャンさんがゲストアーティストです。
a0267643_1020025.jpg



このホールは200人弱の席数なので、間近でサラ・チャンさんの演奏をお楽しみいただけると思います。しかし、まだ彼女が何をどのくらい演奏予定かは全く知りません。。。すみません。。。Rayは先日のリサイタルで演奏したナバラを皆で演奏予定です。035.gif

毎年行われるこのコンサートはバイオリンサマーキャンプのファンドレイザーです。利益は全てCenter Stage Strings Summer Campの運営費用、奨学金等に当てられます。

チケットはまだあるそうです。$50(自由席)なのですが、もし、ご興味があるようでしたらご一報下さいませ。053.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-07 10:47 | バイオリン | Trackback | Comments(7)

リサイタルとスーツ新調そしてレッスン

慌しい毎日です。072.gif

週末にバイオリンリサイタル、今週はピアノ演奏、レッスン等色々です。
a0267643_385593.jpg

これはサラサーテのナバラを先生と多くの生徒達が入れ替わり立ち代り演奏する用にアレンジしたもの。4/16/2014に行われるバイオリンキャンプのベネフィットコンサートCenter Stage Strings Benefit Concertでも演奏予定です。

その後はお買い物。最近服装に気を使う12歳。035.gif
a0267643_3221090.jpg
a0267643_3222933.jpg


そして月曜日は音楽学校のドナーの為にピアノ演奏してきました。035.gif
a0267643_3162397.jpg


今まで着ていたスーツが小さくなり始めて、そろそろ次のサイズかな!?でも、まだ次のサイズでは、なんだか大き過ぎ。。。と1ヶ月ほど前に思っていたら、今になり、いつの間にか次のサイズがピッタリになっていました。バイオリンリサイタルでは小さいサイズのスーツ。でも翌日のピアノ演奏では大きいスーツを着ています。じわりじわりと、大きくなっているようです。001.gif

日本に行っていたこともあり、久しぶりのピアノ&バイオリンレッスンでした。
受験シーズンなので、先生方も大忙し。隙をついてのレッスンです。
ピアノでは新曲バッハ協奏曲BWV1061が始まりました。その他にもベートーベン熱情、ショパンバラード、ベートーベン協奏曲3番、そしてショパン協奏曲2番復活、ショパンエチュード復活等一体どれから手をつけたら良いのか!?状態。1回のレッスンでは何も進まないのでは!?という感じで、臨時レッスンがどんどん入っていきそうな予感です。

そして、今週は金、土、日、月、火、、、とコルバーンへ行くことに。かなり忙しくなりそうです。017.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2014-03-06 03:46 | Trackback | Comments(2)