アスペンでショパン演奏

2017年7月7日(金)、4:45pm〜アスペンのハリスホールでショパンノクターンを演奏しました。177.png

これは去年も演奏したOVERTURES: PRECONCERT CHAMBER MUSICと同じもので、去年はショパンポロネーズ。今年はショパンノクターンでした。そこでRayはノクターF-sharp major, op. 15, no. 2 を演奏しました。169.png

演奏はコロラドパブリックラジオでライブ放送され、私達もオンラインでラジオの放送を聞くことが出来ました。162.png

a0267643_09534084.png

ロサンゼルスにいた時から練習を始め、アスペンではArie Vardi先生により細やかなチップを教えていただいたそう。今日もゆったりと演奏していました。179.png

聞くところによると、今年は至って真面目に練習しているらしいです。お誕生日も練習やピアノ&バイオリンのクラスがあり、今日演奏が終わって、ようやくほっとしたところでしょうか。110.png 👉誕生日プレゼント

今年はついに洗濯もお友達に教えてもらって自分でやったようです。何事も経験です。

さて、Rayは7月25日に一旦ロサンゼルスに戻ってきます。それまで、私達は家の掃除に全力を注ぎたいと思います。166.png



どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。178.png
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ


[PR]

by raypianoviolin | 2017-07-08 10:25 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

Rayはアスペン音楽祭へ行きました。

6月20日(火)から、Rayはアスペン音楽祭へ行きました。177.png

6月20日、午後5時から去年同様、寮へ入りました。車一杯にRayの荷物を詰め込み出かけてきました。去年はロサンゼルスからアスペンまで一気に車で行ったので約15時間(休憩込み)掛かりましたが、今年は途中で一泊して片道2日間掛けてRayを送ってきました。
半分以上行ったSalinaで泊まろうと思ったのですが、もう少し行き、Green Riverまで行って一泊。翌日20日は3時間強ドライブしてアスペンに着きました。2日掛けていくと、とても楽。今度迎えに行く時も、2日間掛けていこうと思います。102.png

a0267643_13594546.jpg

20日夕方5時から寮のレジストレーションでした。179.png

a0267643_13533994.jpg

今年は事前にルームメイトを決めていたので、とってもスムース。3人部屋のフロント一人部屋。自分のお部屋で何やら書類を書いています。

a0267643_13523964.jpg

こちらは寮の食堂。これから毎日ここで朝ごはんを食べます。メニューは毎日ほぼ一緒らしく、これを2ヶ月間は中々大変です。119.png

a0267643_13542914.jpg
翌日は音楽学校のレジストレーション。179.png

a0267643_13520296.jpg


a0267643_14050659.jpg

去年と同じ手続きをして、最後に奨学金を出してくださった方にお礼の手紙を書きました。今年も去年同様アスペン音楽祭のCEOのアラン・フレッチャー氏でした。162.png

a0267643_13584531.jpg

去年は折りたたみ自転車を持って行ったのですが、今年は音楽学校で自転車を借りました。抽選で当選した人は25ドル支払って最後まで借りられます。沢山の自転車の中から早い者勝ちで、好きなのを選びます。自転車に乗るときはしっかりと自転車用手袋をします。去年の手袋は転んでボロボロ。そのお陰で手は守られました165.png

a0267643_14023529.jpg

そしてレジストレーションが終わったら、私達はすぐに帰路につきました。帰りも2日間かけてドライブ。ほぼ運転してくれたパパに感謝です。ネバダ州のデスバレー近くの世界で一番高い温度計。過去にデスバレーで約摂氏56度(華氏134度)を記録したことがあり、その記念に高さ134フィート(約40m)、華氏134度まで測れる温度計を作ったそうです。なのでこの辺りは暑いです。行き帰り共にこの辺りは摂氏47度。窓から手を出すと、ずっとドライヤーの風を当てられているようでした。ふ〜。174.png


a0267643_14064677.jpg

さて、今年は7月後半と8月頭に、こちらの方で演奏が入っている為、Rayは2週間弱、一人で飛行機に乗って帰ってきます。なので、多分私達親は最後に迎えに行くだけとなりそうです。まずは1ヶ月間、怪我や病気なく無事に過ごして欲しいです。171.png


ちょっと前に日本にも行ってきました。その時の事、そしてこのアスペン旅行の事を別のブログで描いていこうと思います。
もし良かったら見てくださいませ。👉チキントリオ




どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。162.png
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ


[PR]

by raypianoviolin | 2017-06-24 14:32 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(2)

帰ってきました。

8週間の長いアスペン音楽祭も、ついに終わりました。072.gif

昨夜、夜中の1時に無事に家に戻ってきました。私達親がアスペンまで行ったのは合計3回。疲れますが、長い道のりが案外平気にもなりました。これで、これから多少の遠出があっても、どんと来い!という感じ(笑)。約1ヶ月ぶりにあったRayは、思っていたより元気でした。長い間の寮生活は、やはり食事が一番辛かったらしい。毎日同じ寮と音楽学校のカフェの食事では、どうしても飽きてしまうよう。それでも、送ったご飯をしっかりと食べて、病気もせずに乗り切りました。ほっ。

音楽祭の終わりには、特に修了式のようなものは無いので、各自レッスンが終わったら、早々に帰ってしまう生徒もいるようです。Rayは今回が初めてだったので、様子見で最終日までいました。最後のミュージックテントでのコンサートでは、のだめに出てきた『砂漠のプロメテウス作戦』の曲(オルフ『カルミナ・ブラーナ』)で〆て、とても盛り上がりました。最後のコンサートだけあって、満席でした。ソプラノを歌ったのは、以前マリブでご一緒させていただいたオペラシンガー。それはそれは素晴らしい歌声でした。

生徒が音楽祭に参加していると、席さえ余っていれば、生徒はもちろんの事、親のチケットも無料でもらえます。もう少し近い場所でやってくれたら。。。と、どれほど思ったことか。。。実に惜しい!

最後に寮を出るときには、自分の使っていたベットや机、ルームメイトと一緒に使っていた共同空間の洗面所、トイレ、シャワー等を全て掃除しなければなりません。三人で手分けして、しっかりと掃除もしました。アメリカでは通常、学校等の公共機関での掃除を生徒達がやる事はありません。なので、これも良い経験。今回はとても良いルームメイトに恵まれて、最後まで楽しく問題なく過ごせました。中には散らかり放題のお部屋もチラホラ。。。

今日は一日中、持って帰ってきた荷物の整理に追われました。そして、休む暇もなく、明日はコルバーンアカデミーのオリエンテーションです。
042.gifハァ〜、せめて1週間くらい休みがあったら良かったのにね〜。』と言ったら、
035.gifいやいや、休みモードになっちゃうと、戻すのが大変だから、いっそこのまま忙しい方が良いよ。』との事。

きっとキャンプ中にそんな時間を体験したのでしょう。また少し成長したのかな?と思えるささやかな会話でした。そして、それ以上は突っ込まず。。。037.gif

この2ヶ月で髪が随分と伸びました。今日でバッサリ。
a0267643_17543910.jpeg

さて、明日は久しぶりにコルバーンです。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif
[PR]

by raypianoviolin | 2016-08-24 17:57 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(2)

家でのこまごま

Rayを迎えに行くまでに、あと3日。072.gif

それまでに、家でやっておかなくてはいけない事を、細々とやっています。
一つ目は、車のフロントガラス交換:前回アスペンに行った際に、どうやら小石が飛んできて、フロントガラスにひびが入ってしまいました。とほほ。
a0267643_04404268.jpg

二つ目は、ピアノのあるリビングのハイシーリングの電球交換。低い方の脚立で吸盤(ガムテープ付き)の付いた延長棒で交換しています(覚書)。
a0267643_04504446.jpg

三つ目は、ピアノ調律。弦も一本切れてしまっていたので交換してもらいました。
a0267643_05072951.jpg


調律師さんが終わった後、試し弾きをしてくれるのですが、久しぶりに家の中に生ピアノの音が響き渡り『あれっ!?ピアノの音ってこんなに大きかったっけ?』と驚きました。日頃から、ステレオで音楽はかけているのですが、久しぶりに生の音との違いを実感しました。

後は、ガレージから寝室に至るまで、ひたすら掃除掃除掃除掃除掃除。。。042.gif

着々とRayに会える日が近づいています。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]

by raypianoviolin | 2016-08-18 05:40 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

Rayからの連絡

久しぶりにRayから電話がありました。072.gif

昨日はFrom the Topのイベントでピアノ&バイオリンを演奏しました。素晴らしい大豪邸で、玄関は『ロ、ロードオブザリング?』だったそう。お客さんは80名ほどで、まず、Rayがピアノ演奏&自己紹介、他の2人のゲストの演奏&自己紹介、From the TopのCo-CEOの挨拶、そしてサプライズでRayのバイオリンで〆たそうです。お客さんもとても喜んで下さったようで、そんな話を聞くと安心します。その後は、すぐに室内楽のマスタークラスでの演奏の為に音楽学校へ行き、さらにミュージックテントでコンサートを楽しんできたようです。

これで、全ての演奏が終わったのかと思いきや、どうやら何かしらのリサイタルでピアノソロでベートーベンソナタ31番、さらに違うリサイタルで室内楽でバイオリン演奏を予定しているらしい。日頃は、こういった演奏スケジュールは親が管理していたのですが、アスペンではRay1人で切り盛りしているようです。もはや、親はどこで何をしているかも分からず。。。まぁ、2ヶ月近く1人で生活していたら、そんなもんなんでしょう。

そして、とてもRayらしい写真が送られてきました。
a0267643_09164062.jpeg

向かって左側が、寮でのRayのスペース035.gif。右側はルームメイトです。きっちりと真ん中の境界線で分かれています。2人の性格の違いが、かなりウケます。003.gifそれでもルームメイトとはとても仲良し。

今週末にはRayを迎えにアスペンに行ってきます。それまでに、ひたすら家の中の掃除に励みたいと思います。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif

[PR]

by raypianoviolin | 2016-08-16 11:15 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

ハイキングと救援物資

昨日の月曜日は、お友達とハイキングに行ったようです。072.gif

写真左手のトレイル: Ute Trailを登ってきたそう。
a0267643_6542160.png


初めは順調に登っていたようなのですが、途中から雨が降り出し、酷い雷があったそう。あまりの雷雨に、其の内、歩くのを断念。立ち並ぶ樹々の下の地面に座り込んで避難。光った瞬間に耳がキーンとなるほど近くに雷が落ちたらしく、かなり怖かったらしい。事後報告なので、無事とは分かっているのですが、話を聞いた時は、ゾッとしました。025.gif

以前、キャンプ中に自転車でこけて、手足に結構ひどい擦り傷を作ってしまったのですが、その時は手袋をしていて、幸い手のひらだけは無傷で、その後の演奏は大丈夫でした。その経験もあり、今回の登山にも手袋をしていったそう。結局、雷雨から避難していた時、すごく寒くて、その手袋が保温のためにも役立ったそう。小さな貴重な経験を積んでいるようです。056.gif

キャンプ中は楽譜や救援物資(ご飯やおつまみ等)を何度も送っています。今回はお誕生日プレゼントも兼ねた演奏用のエナメルの靴も送りました。早速試着。サイズぴったりで、かなり気に入ったようです。035.gif
a0267643_738196.jpg


あと1.5週間!怪我も病気もしませんよ〜に!056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2016-08-10 14:46 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

3つの演奏予定

アスペン音楽祭も、残すところ2週間ほどになりました。072.gif

後の予定は、3つの演奏です。
060.gif一つ目は、8月7日(日)、CEOアニュアルディナーでバイオリン演奏。ベートーベンソナタ7番第一楽章、タイスの瞑想曲、サラサーテのホタナバーラを演奏予定。
060.gif二つ目は、8月10日(水)、CEOニュースレター関係にて、ピアノ&バイオリン演奏予定。ピアノでリストエチュード、バイオリンでホタナバーラ。
060.gif三つ目は、8月14日(日)、From the Topのドナーの為のイベントでピアノ&バイオリンを演奏予定。ピアノでリストエチュード、バイオリンでホタナバーラ。

アスペンには毎年ラジオ番組のFrom the Topが来ているようです。From the Topに初めてラジオ出演したのは9歳の時。それから、何度かイベントに呼んでいただいています。その度に親は同席していました。『今回、親は一緒じゃないのです。』とお伝えしたら、From the Topの方に大層驚かれ、Rayの成長を喜んでくださいました。そして『すごく、すごく大切に、しっかりとお世話させていただきます。』とのお返事。From the Topへの信頼度はとても高いです。049.gif

二日前にあったバイオリンのクラスで、明日のバイオリン演奏のプログラムを全て演奏したそうです。今日は、概ね音を整えているところでしょうか。

最近は、夜10時過ぎまで音楽学校の練習室で練習していることもあれば、寮に早々に帰ってきて、部屋でバイオリン練習をして、寮にある数少ないピアノ部屋でピアノ練習していることもあるそう。すっかりと、どこに行けば練習できるかが分かっているようです。

あともう少し!元気に頑張って欲しいです。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。053.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2016-08-07 11:27 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

サラ・チャンさんとレイ・チェン氏

今週はRayにとって嬉しい出会いがあったようです。072.gif

まずは、サラ・チャンさん(Ms. Sarah Chang) 。少し前にJAS(日米協会)ガラで知り合った知人から連絡があり、『アスペンでサラさんにお会いするのでご一緒しませんか?』とお誘いを頂きました。丁度、私達親はアスペンから帰ってきたばかりの事で、仕事の都合もあり、その日程は、どうしても合いませんでした。なので、Rayのみご一緒させていただくことに。幸い、サラさんはRayの事を覚えていて下さったようで、 Rayの参加を快諾して下さいました。

まずはサラさんのお好きなファッションブランドJitroisのショーにサラさんがいらっしゃるとの事。最近ファッションに興味のあるRayなので、ちょっと覗かせてもらいました。ファッションショーがあるのかと思いましたが、店内でのオードブル等の振る舞われたイベントだったそう。

その後、サラさんと合流し直し、サラさん、サラさんのコンサートの指揮者、知人、そしてRayの4人でディナーへ行き、サラさんにご馳走になりました。お寿司もあるアジアレストラン。日頃あまり食べていなかったので、この一ヶ月でごっそりと痩せてしまったRayですが、この時は、思う存分いただいたそう。音楽のことを沢山話せたようで、とても楽しかったそうです。最後はサラさんが車でRayを寮まで送ってくださったようです。その時に、『バイオリンの弦はどれくらいで変えるのですか?』と聞いたところ『最高長くて2週間で変えます。』との事。

そして7月28日にハリスホールであったサラさんのコンサートにご招待いただきました。サラさんの演奏は、いつも凄く大胆で、とにかく見ていて楽しいコンサートだったようです。コンサート終了後、楽屋にお邪魔しました。
a0267643_722477.jpg


このコンサートに行った時、ハリスホール内を歩いていると、なんとレイ・チェン氏(Mr. Ray Chen)が
004.gifHey Ray! Whta's up?(へ〜イ、レイ!元気?)』と声を掛けて下さったようです。で Rayも
035.gifHey Ray! Whta's up?』と返し、大笑い。
004.gif久しぶりに会えて嬉しいよ、ミスターウシブコ!』
035.gifあ〜。ウシクボです。』
004.gifうわ!失礼!』とさらに大笑い。

で、Rayはレイ・チェン氏と一緒に座って、サラさんのコンサートを観た模様です。レイ・チェン氏とは5年前に一度お会いしています。しかし、まさかその時のことを覚えていて下さっているとは思えません。なぜRayのことを知っていたのかは、全く謎なのですが、なぜか仲良くして下さったようです。
a0267643_843944.jpg


Rayが話してくれたことを、思い出の記録として書いているので、よく分からない内容もありますが、なんにせよ、大変ありがたく、Rayにとって貴重な1週間だったと思います。

これこそ、サマーキャンプの醍醐味ですね。053.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。035.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2016-07-30 09:42 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(4)

ハリスホールでショパンを演奏

2016年7月15日(金)、アスペン音楽祭のハリスホールでショパンを演奏しました。072.gif

a0267643_1591662.jpg


このリサイタルはOVERTURES: PRECONCERT CHAMBER MUSICと言って、毎週金曜日に6時からテントであるCHAMBER MUSICコンサートの前座リサイタルです。テントとハリスホールはすぐ隣り合わせに位置しているので、移動も簡単です。リサイタルは4:45pmからでした。

このリサイタルはアスペンでのピアノの先生方や、その生徒達が、ショパンのピアノソロのポロネーズ16曲を、毎週2曲づつ8週間に渡り演奏するプログラムでした。この演奏のお話しを頂いたのは、アスペン音楽祭に行くと決まった3月ごろの事。そして、当日のリハーサルになるまで、どういったリサイタルなのか?、何人が演奏するのか?、何時間のリサイタルなのか?が全く分かりませんでした。よくある事なのですが、演奏当日か間近にならないと、その内容が分からない事が多いのです。なので、いつでも臨機応変に対応出来るよう心掛けています。

で、当日のリハーサルで、初めて演奏者はRayのみ。曲はショパンポロネーズ2曲(G minor遺作、B-flat major遺作)のみ。$10の入場料が必要なのですが、リサイタルは短いポロネーズなので合計6分で終わってしまう事が分かりました。プログラムを見ると、全てが毎週ポロネーズ2曲のみでした。しかし、他のポロネーズはもう少し長い時間のポロネーズですし、先生と生徒さんが入れ替わる時間もあるので、最長20分のリサイタルとなります。生徒一人でこのリサイタルでの演奏はRayだけでした。

さすがに、6分しか演奏しないリサイタルは無いのでは???と思い、念のために(勝手に)ベートーベンソナタ31番、ショパンポロネーズ英雄、エチュード木枯らしが弾けるように用意はしていました。

しか〜し、関係者曰く、プログラムはショパンポロネーズ限定で、エチュードはダメ。さらには他のポロネーズは、別の日に他の先生方が演奏するので、弾いてはいけない。もちろん他の作曲家の曲も演奏してはいけない。との事。余りにも短すぎるのでは?と関係者に言ってみると、『同じ2曲を、2回演奏するように。』とのお達し。なんとも妙なリサイタルになりましたが、思いの外、お客さんも喜んでくださり、ほっ。
a0267643_15112775.jpg


この前座リサイタルで、ここまでお客さんが入ったのは初めて!と舞台裏関係者の方が言ってくださいました。暖かいお客さんの対応に感謝です。その後のコンサートにはジョシュア・ベル氏が演奏だったので、お客さんも多く来ていただけたように思います。

またまた来てくださったローズ家の方々、お友達、そして応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。053.gif

リサイタル後は、以前知り合った毎年アスペンで過ごしていらっしゃるドナーの方がアスペン観光に連れて行ってくださり、アスペン周辺を満喫してきました。そして、最後にアスペンでも最高峰のホテルに連れて行って頂いた時の事。なんと、ホテルのロビーにコンサートを終えたジョシュア・ベル氏がいるではありませんか!そこで、『今日の前座リサイタルで演奏したRayです。』と声を掛けさせて頂きました。でベル氏は『あぁ、そうでしたか。リサイタル見に行けなくてごめんね。』と優しいお言葉をかけて頂き感動。なんて素敵なお方なんでしょう。以前、一度お会いした時のことを思い出しました。
a0267643_15195377.jpg


最後に嬉しいハプニングもあり、今回の私達親の旅も終わりました。翌朝は、Rayに会うこともなく帰路につきました。そしてRayは、今週末こそ、お友達とハイキングに行くと張り切っていました。035.gif

まだまだ長く続くキャンプを存分に楽しんでもらいたいです。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2016-07-20 10:14 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)

室内楽でバイオリン演奏

さて、話は少しさかのぼり、グリーグ協奏曲演奏前日のこと。072.gif

アスペンでのドナーの家に室内楽を演奏しに行きました。室内楽ではストリングトリオでバイオリンをやっています。今回の室内楽は事前にコルバーンのお友達と組んでいました。なので、ロサンジェルスにいる段階から何度かリハーサルをしていました。メンバーの一人が10日間ほど遅れてアスペンに来たにも関わらず、すぐに演奏できる体制は整っていました。そこで先生からご指名を受け、演奏をしたようです。

コンサート前夜の事だったので、練習時間に無理があるのでは?と多少の不安もあったようですが、無事に楽しく演奏できたようです。

アスペンに来て驚いたのですが、案外演奏する機会が多いということです。今回の演奏は先生の推薦によるものだったのですが、その他にもリサイタルや、こうしたドナーの家での演奏等に、生徒たちが積極的に応募することも出来るようです。Ray自身は中々時間がないので、応募はしていませんが、結構お声がかかるようです。すでに8月にも、幾つかの演奏予定が入っているようです。音楽好きのサポーターと演奏家の集まる夏のアスペンでは、見事に需要と供給がマッチしているようです。

今回、私達親は7月12日のグリーグ協奏曲のコンサートと7月15日にあったハリスホールでのリサイタルの為に、アスペンに行ってきました。

そのハリスホールでのリサイタル前日は、お友達のお嬢様がアスペンの教会でリサイタルをされたので見に行ってきました。こうしたリサイタルが沢山あり、気軽に聴きに行けることも音楽祭の良い所です。教会に降り注ぐ光の中で、とても素敵に鳴り響いたベートーベンピアノトリオでした。
a0267643_1353576.jpg


リサイタル後は、そのお友達の宿泊先のコンドにお邪魔しました。すると、どこからともなく、素晴らしく美しいバイオリンの音が。。。なんと翌日にコンサートを控えたジョシュア・ベル氏が、練習していたのです。窓を開けて練習されていたので、しっかりと堪能しました。ふふ。街自体が音楽祭といったアスペンならではの出来事でした。

そして、その後はブログ友達のローズ家へご招待いただきました。毎年アスペンへいらっしゃるローズ家は、去年までお嬢様がアスペン音楽祭に参加されていました。私達の全てのアスペン情報はこの方の記録に基づくもので、それを読めたことは、どれほどありがたかったかしれません。この方のお陰で、夢のようなアスペン音楽祭に憧れが募っていったのです。そして、今回、ここアスペンでRayの成長を見ていただくことが出来て、かなり胸が熱くなりました。(じ〜ん:涙)

で、毎回お邪魔すると素晴らしいお料理を出してくださいます。あまりに美味しさに、なんと写真を撮るのも忘れてしまったほど。。。すみません(汗)。たくさんのお話に花が咲き、とても楽しいひと時を本当にありがとうございました。053.gif

そして、翌日のハリスホールでのリサイタルとなります。056.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。058.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2016-07-19 08:45 | アスペン音楽祭 | Trackback | Comments(0)