やる事満載の火曜日

昨日(火)は慌ただしかったです。ふ~。042.gif

というのも、3つの演奏が重なってしまったからです。1つ目はティボーデ氏とのリハーサル、2つ目はMs. Ilana Vered(イラーナ・ヴェレッドさん)のマスタークラス、3つ目はバイオリンクラスでの演奏でした。その間、セオリークラス、ピアノレッスン、オーケストラもありました。

まずはティボーデ氏とのリハーサル。ティボーデ氏は譜めくり要員とともに登場。ラヴェル編曲のドビュッシーのノクターン第1、第2楽章です。まずはざっと合わせて、二人でぴったり入って来る部分のずれを修正。タイミングを計ります。第1楽章では6/4と4/4での合わせ部分が多いのでカウントは重要のようです。第2楽章はテンポが速いので、一旦通した後、少しテンポを落として、二人で合わせ、ぴったりと合うことを確認後、再度テンポで演奏。そして部分的にどう表現すべきか?を教えて頂きました。

ドビュッシーの曲は今回が初めてです。ルノワール、セザンヌ、モネのような印象派画家の様々な色彩が見えるかのような豊かな音の重なり合いが、全体を作り出すような感覚の曲で、はっきりとした輪郭はないけれど、全体的には何かがはっきりと見えるような感じの印象。知れば知れ程、何とも素敵な曲です。053.gif

この曲を演奏する事に決まった時に、ティボーデ氏から『004.gifオーケストラバージョンを良く聴いておくように!』と教えて頂き、幾つか聴いてみました。私達の勝手な判断ですが、オーケストラの方が更に絵画的な印象でした。ピアノだとどうしても速くなりがちな曲ですが、ティボーデ氏曰く『004.gif速すぎてはいけない。』との事。明後日の本番まであと何回リハーサルがあるのかは分かりませんが、どこまでRayが色彩豊かに演奏できるか?しっかりとティボーデ氏から学んでもらいたいと思います。


リハーサル終了後に『夏休みはどうだった?』などと少しお話し。ティボーデ氏は『004.gifありがたいことに5週間のお休みがあったんだよ。でもずっと家で練習していたよ。』だそうで。やはり家で落ち着いて練習できる時間がある事は、とてもありがたいようです。056.gif


で、マスタークラスに続きます。035.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。010.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-10-29 07:58 | ピアノ | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://ray2001.exblog.jp/tb/21784014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-12-23 21:29
タイトル : ポン=タヴァン派、総合主義とゴーギャン絵画の魅力
ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たちGauguin  and the Painters of  Pont-Aven パナソニック 汐留ミュージアムで、「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展が開催されていました。ゴーギャンは、壮大な自然に包まれたフランス、ブルターニュの小村ポン=タヴァンとその周辺に繰り返し滞在し、ポン=タヴァン派の仲間たちと、20世紀の扉を開く「総合主義」という芸術理論を実践しました。... more
Commented by naomimelody at 2015-10-29 12:47 x
Rayママ。素晴らしいレポよ。ばっちり!
30日はライブストリームはないのかなぁ(スーパームーンイベントで味をしめた私達^^;)
Ray君とっても忙しそうだけど、Halloween Partyには参加できるといいね。頑張って!
Commented by raypianoviolin at 2015-10-29 14:06
naomimelodyさん、こんにちは~~~。^^

おっ!ばっちり!とは嬉しい~。^^へへ。
はは。ライブストリームのサービスあると良いよね。何十年に一度のイベントでない限りやってもらえないなぁ(笑)。もうハロウィンなんだね。忘れてた!近所のお化け屋敷には行きたいな。^^