刺激的なピアノレッスン

ピアノキャンプで色々な先生のレッスンがありました。072.gif

一人目はサンフランシクコ音楽院のナガイヨシカズ先生。お名前は日本人ですが、日本語を話すかは不明。シューマン交響的練習曲 Op.13を見て頂きました。全部弾くとレッスンの時間がなくなってしまうので、最終エチュードの途中まで弾いて、ストップ。『004.gif速い部分の練習ばかりやって、ゆっくりな部分を余りやっていないね!?』と、いきなり核心をつかれました(笑)。

特に始めの1ページ目の音のバランス、音の流れ方を重点的に教えていただきました。先生の弾くシューマンは、ものすごく繊細で、コントロールされていて、もううっとり。この部分にじっくりと時間をかけて下さったので、これから、この曲をどうしていったら良いのかが、Rayにも結構明確に理解できたようです。

二人目は、先日リサイタルもマスタークラスもあったグウィネス・チェン先生。ベートーベン熱情の第3楽章を見ていただきました。ベートーベンの場合『001.gif自分の意見としては、こう弾いた方が良い。』と、力強い模範演奏を見せてくださりながら、各所の弾き方、手の動き、身体の動きを教えていただきました。その後、まだ時間があったので、先日感じた指の強さについて、Rayから質問しました。
035.gifグウィネスさんの演奏を見ていて、とても指が強いと感じたのですが、どうしたら、そんなに強くなるのですか?』
『私の指はそんなに強いわけではないの。でも演奏で大切なことは、指の強さより、コントロールなの。』と、これまたナガイ先生に言われた事と同じ事を言っていました。

グウィネスさんはポゴレリッチ・コンクールの優勝者で、その後ポゴレリッチ氏に長い間ご指導いただいたそう。その時教わった事が、演奏する為にどういった練習が必要か!という事。それはそれは何年にも及ぶ長い時間かかる練習方法で、今のご自身の演奏スタイルを確立したようで、数回のレッスンで教えれるような事ではないらしい。

20歳代までに、色々な国際コンクールで優勝するような経験をした後に、ひたすら地道な基礎練習を数年も行うという事は、並大抵の事ではない。でも今、ようやくその経験をして良かった。とおっしゃっていました。それを、こういったマスタークラスで教えるか?というと、教えないとの事。なぜなら、何年も掛かるような過酷な修行は誰もやりたがらないから。。。との事。その事について話し出したら、何時間でも延々と話し続けられるけど、時間はない。

一つだけ、極秘情報(笑)。これもポゴレリッチさんから、グウィネスさんが直接教わった事。聞いたことを、そのまま書きます。034.gif
001.gif例えば、鼻に指を突っ込む時、指をストレートに無造作に入れたら痛いでしょ?だから、指を慎重にデリケートに回転させて、鼻が痛くないようにするでしょう?』
035.gifうっ!(@_@;)は、はい。』
001.gifそのデリケートさ、指のコントロールが演奏には必要なの。』

グウィネスさんが、ポゴレリッチさん宅で住み込みでの特訓を終了した後、別れ際の空港でもポゴレリッチさんが、指を鼻に突っ込むしぐさをして、送り出したらしいので、多分、とんでもなく、この中に大切な事が集約されていると思います。

a0267643_748612.jpg


いつもの先生にも最近特に言われ続けてきた事を、違う先生方にも角度を変えて教われた事で、Rayの中で、何かしら変わるかな?と、今後が楽しみになるような、素晴らしいレッスンでした。058.gif

明日は、また違うキャンプ先生のレッスン、明後日はマスタークラスでの演奏と、ついにコンチェルトコンクール予選です。066.gif


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。012.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ブログを書いている時って、殆どがバイオリン練習中だという事に気がついた。029.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-07-16 08:53 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://ray2001.exblog.jp/tb/21452046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by laimusic at 2015-07-16 16:31
レイママさん、こんにちは〜ナガイ先生はドイツ生まれでアメリカ育ちだと、先生の生徒さんのお母様がいってらっしゃりました。私も前に日本語この方は喋れるのかなぁと疑問におもって聞いたことがありました、ははは。指のコントロールですかぁ、、、って前にも何度かエマの先生が、”君は指のコントロールが全くないね!”と呆れたようにされていました。。。ノーズピッキングに鍵があるとは!って本当にデリケートに細かく指をコントロールできるように練習を積み重ねるのですね。いそがば回れとはこのことですね。夏からエマが色々な指を鍛える練習を加えて始めたのですが、基本に立ち返ってよかったです。参考になりました!
Commented by raypianoviolin at 2015-07-17 08:40
laimusicさん、こんにちは~~~。^^

あっ、やはりナガイ先生ご存知でした?私も今度お見かけしたら、日本語話せるか聞いてみようと思っています。(^m^)指のコントロールは、一生付き合う課題だと思います。気長にやるしかないですよね~(多分)。^^すごく綺麗な方なのに、おもしろいんですよ、このお方。それに音楽に対する情熱をものすご~く感じます。レッスンも熱いんですよ。^^逆にナガイ先生はものすごく落ち着いていて、デリケートな感じで、対照的でも言ってる事は同じで、すごく勉強になりました。^^