暗黒時代の向こう側!?

ついにジョンの夜明けが見えてきた。058.gif


ずっと譜読み暗黒時代を彷徨っていたRay035.gif。とにかく3楽章、4楽章がさっぱり訳が分からない状態で、ひたすら地道に譜読みを進めていました。やはり、時間が掛かるものと考えて、少し時間に余裕を持って譜読みをしていたら、気持ちにも余裕が出来たのか、気が付いたら闇夜を抜け出したかも!?と相成りました。024.gif035.gif024.gif


すると驚き。この曲なんだか、たまらなく面白くなってきました。なんだか現代曲はまりそうです!手のひらの付け根?で弾くような場所やら、あっちこっちに飛びまくる音が、テンポにピタっと収まってくると、ぞくぞくぞく~としちゃうような感じを受けます。これこそ意味不明!?


とにかく、ようやく目処が立ってきたようです。は~、良かった。しかし、この曲4楽章がとても派手でかっこいいのですが、その後の最終楽章が、静~かで暗~い感じが延々5分ほど?続くのです。。。4楽章で終わったら、さぞかしスキっと終われると思うのに、何故?と素人目には感じてしまいます。仕上がってくる頃には、これが、また良く感じるのかしら???それは、これからのお楽しみとしてみます056.gif


ジョンにどんどん惹きこまれそうです053.gif


どちらかにポチして下さいますと嬉しいです。058.gif
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]

by raypianoviolin | 2015-02-06 09:17 | ピアノ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://ray2001.exblog.jp/tb/20852843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゅうじう at 2015-02-06 10:08 x
こんにちは!
たったの10日でそこまでいっちゃいましたか。すごいなあ。基礎力があると譜読みも早いですね!
現代曲というほどではありませんが、A-B-A-Cパターンの王道ポップスしか知らなかったガキんちょのころ、G-CLEFという人たちの『Umbrella Romance (A Girl like a Lily of The Valley)』という曲を聴いて最初に嫌悪感を覚え、二回目に気になり出し、三回目くらいから虜になったのを思い出しました。一度ハマるとたまらないんですよね。
Rayくんがぐんぐんと伸びていて、本当に素晴らしい!
ちなみに上記の曲は→https://www.youtube.com/watch?v=U0zKafk8CoQ
こんなのです。芸大仲間のユニットだとか。
Commented by raypianoviolin at 2015-02-06 16:16
きゅうじうさん、こんにちは~~~。^^

あれ!?10日前くらいでしたっけ?何かもう大昔の事のような。。。随分と時間が掛かかった気がしてました(笑)。やはり予測不可能と音が頭に入ってこないって難しいんだなぁ~と思いました。クラシックの曲より圧倒的に大変そうでした。でもどんどん出来上がってくると見て見て~って感じで嬉しそうで、こちらも安堵です。^^

G-CLEF初めて聞きました。フュージョン?ジャズ?って感じでノリノリで良いですね~。こ~ゆ~のは、今度ご一緒させていただくデイヴィッド・ベノワさんの曲に似てるな~って思いました。こ~ゆ~ノリを自分で出せたらおもしろいでしょうね~。また色々教えてくださいね。^^